私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 29日 ( 1 )

d0187477_11330442.jpg
  (WEB GOETHE の画像と記事より)

命には限りがある。
与えられた時間には限りがある。
そのことをがん体験によって強烈に再認識した坂本龍一さんが新作を発表した。
がん体験による音楽との向き合い方の変化を今、実感している。

「20年以上カラダに気を遣ってきて、まさか自分ががんになるなんて思いもしませんでした」


坂本龍一さんの新作『async』は、一曲目の「andata」の最初の一音からピアノが情緒的に響く。
3月29日のリリース日まで、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ネット......どのメディアにも内容の情報を提供しなかった。

「このアルバムは2014年に準備は始めていたんです。ところが中咽頭(ちゅういんとう)がんで休養を余儀なくされ、制作を休止しました」

喉の腫瘍(しゅよう)は自分で見つけた。
「口を開くと見えるところに何かあるなあ、とね。ただ、それが腫瘍だとは思いませんでした。ところが異物は成長してきて。変だぞ、となった」

「検査をしたら中咽頭がんでした。油断していました。食べるものにはずっと気をつけていたし、定期的にカラダ全体の検診も受けていた。それでも、がんになるんですよ。まさか自分が、という思いがあったから、半年も手を施さずにいました。健康を過信していたんでしょうね」


坂本さんがカラダに気を遣うようになったのは、中高年といわれる40歳くらいから。


「もう25 年くらい、食事はずっとオーガニック中心です。整体や気功を組み合わせた、自分流のヨガも日課にしてきました。1セット1時間弱のゆっくりした動きですけれど、カラダを動かすと明らかに呼吸が深くなり、カラダも伸びます。50歳の時に煙草もやめました」


がんになった後は、さらに食事に気を遣っている。


起床は7時。就寝は23時。

午前はカラダのケアに使い、音楽制作は午後から行っている。

仕事にも、休息にも、アロマオイルも活用している。


このような生活で徐々に体調は改善し、音楽に対しても前向きな気持ちを取り戻していった。


「自分のアルバムの前に、映画音楽をやりました。まず、病気になる前に依頼されていた山田洋次監督の『母と暮せば』と李相日(リサンイル)監督の『怒り』です。そこからなだらかな傾斜で仕事を再開していけばいいかな、と。そうしたら、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『レヴェナント:蘇えりし者』の仕事も入ってきて、思いのほか忙しくなっちゃった。どれもいい手応えでした。それで自信を得て、2016年は自分の作品に集中することにしました」


新作は、ゼロからスタートすることに──。


「誰の真似もしないことはもちろん、自分の真似もしない。つまり、経験というか、これまで学習して得たことにも頼らずに音楽をつくりたかった。病気前のアイデアも音のスケッチも一度全部捨てて、真っ白いキャンバスに画を描くつもりで音を紡(つむ)いでいきました」


「試行錯誤の日々です。できるかできないか、誰にもわからない。でも、そんな作業がとても楽しくてね。贅沢な時間でした。やがて、5カ月目に入ったころこの方向でやろうと決めました」


病気前と病後、音楽との向き合い方に変化はあったのか──。


「病気で僕の音楽そのものが変わったかどうかはわかりません。ただ、間違いなく自分に対して厳しくなりました。一音一音への思いが強まり、音にOKを出すハードルは高くなった。年齢を重ねるにしたがい、人は時間の大切さが身に沁みますよね。その思いがより強くなった。与えられた限りある時間でつくる作品は、自分にできる最高のものにしたいじゃないですか」


アルバム『async』の音には、その思いが反映されている。


「これからは、やりたい仕事、やるべき仕事をさらに厳しく選ぶと思います。そして、限られた時間とエネルギーを注いでいく。一方、やりたくないことに時間は使わないようにしたい。無駄だと感じる仕事はストレスがかかるでしょ。それはカラダによくないのでね」


病気を経て、聴く音楽にも変化が表れたそうだ。


  • 養生訓
    1 自分流の健康法を見つける。
    2 診断の結果を信用しすぎない。
    3 今ある健康を過信しない。
    4 質のいい音楽を聴く。
    5 嫌な仕事は金輪際やらない。

    • Ryuichi Sakamoto
      1952年東京都生まれ。78年ソロデビュー、YMO結成。『戦場のメリークリスマス』で英国アカデミー賞、『ラストエンペラー』でアカデミーオリジナル音楽作曲賞、グラミー賞受賞。現在は、森林保全活動「move trees」、脱原発啓蒙イベント「NO NUKES」、そして、「東北ユースオーケストラ」音楽監督での被災地復興活動など、社会的な問題にも携わる。


by mnnoblog | 2017-05-29 08:30 | 健康

のほほんと---


by mnnoblog