私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 17日 ( 1 )

d0187477_12374693.jpg
  (日経新聞の画像と記事より)

「開発に成功した新型弾道ミサイルは中国全域を射程に収めた」。
北朝鮮の幹部が内部で口にしたという極秘の話の一部が、中朝国境をまたいで中国側に流れてきている。

日本上空を通過して米国領グアムのアンダーセン空軍基地周辺を狙うミサイル発射があるのか。
これが世界の関心の的だが、実は「中国全土が北朝鮮の核ミサイルの照準に入った」という事実も、現在の緊張状態を読み解くには極めて重要だ。

北朝鮮の意図の証拠ともいえる奇妙な映像が公表された。
5月21日、北朝鮮は朝鮮労働党委員長の金正恩も立ち会うなか、内陸部の平安南道の北倉(プクチャン)から、固体燃料を使った中距離弾道ミサイル「北極星2」を打ち上げた。
ミサイルは小型カメラを搭載し、地上が徐々に遠ざかる様子を空中から撮影していた。
北朝鮮の国営放送は翌日、かなり長い映像を大々的に公開した。

軍事専門家らの分析によると、映像は中国領内の地形を延々と映している。
北朝鮮内陸部から発射したミサイルは東方の日本海に落ちたにもかかわらず、映像は西側を映していた。

「中国遼寧省の大連や旅順がある遼東半島がくっきり見える。
西は中国の内海である渤海。南は黄海だ。ここまで雲はない。
渤海の西方には首都北京が見えるはずだったが、大気汚染を含む分厚い雲が邪魔した。
最後に映像は、わざわざアングルを北京上空に移し、照準を合わせた形を示した」

朝鮮半島の安全保障に詳しい国際関係筋は指摘する。
なぜ北朝鮮領内でなく、中国領の映像をあえて公開したのか。

北朝鮮の基地周辺は軍事機密だからという理屈は成り立つ。
だが、中国が制止する弾道ミサイルから中国を“盗撮”し、公開するのは「血で固めた友誼(ゆうぎ)」を結ぶ中国への信義にもとる。

「中距離弾道ミサイル、大陸間弾道ミサイル(ICBM)『火星12、14』は米国を狙うが、すでに金正恩が量産を指示した中距離の『北極星2』は北京も標的にできる。
言葉ではなく映像で意図を伝えたのは巧妙だ。
金正恩は(中国国家主席の)習近平を脅している」

先の国際関係筋の見方だ。
北朝鮮は「ICBMは米本土も視野に入れた」とうそぶく。
だが、今の技術ではワシントンをピンポイント攻撃する能力には乏しい。
しかし、平壌に近い北京や上海なら比較的容易だ。

北朝鮮は中国による制裁に強く反発した。
「レッドラインを越えた」とかつてない非難に踏み切ったのは、映像を公開する前のことだった。
とはいえ、経済的な中国頼みは明らかだ。
石油だけでない。北朝鮮の市場には中国製の日用品があふれる。
もはや中国なしに市民生活は成り立たない。

「金正恩は中国の“半植民地”になるのを避ける手段が核兵器だと考えている。
多様な弾道ミサイルと合わせれば、経済的にかなわない中国とも対等に話せる」。
別の中朝関係者の見方だ。
北朝鮮が最後に狙う米国との国交樹立も、中国依存から脱する手段になりうる。

中朝関係はここ数年、かなりこじれた。
要因は中国の内政にもある。
北朝鮮側の主役は、金正恩の叔父で、処刑された張成沢だ。
中国とのパイプ役だった張成沢は2012年8月17日、当時の中国トップ、胡錦濤と北京で会談した際、ある陰謀を口にした。

正統性なき金正恩を排し、中国の後ろ盾を得て兄の金正男を擁立したい――。
重大な提案だった。

胡錦濤は数日前、共産党大会を控えた「北戴河会議」で、長老の江沢民に自分の側近、令計画の不祥事を暴かれてタジタジになっていた。
決断力が衰えていた胡錦濤は即答を避け、「最高指導部会議に諮る」と伝えるしかなかった。
これが張成沢と金正男が死に至る運命を決めたといってよい。

国家安全省と警察を仕切った江沢民派の最高指導部メンバー、周永康は金正日時代の北朝鮮とパイプを築き、後継者に指名された金正恩とも気脈を通じていた。
周永康は張成沢の奇妙な動きを盗聴で察知し、内政の戦いに使う意図も絡めて、ひそかに金正恩へ通報した。
実際の連絡役は、後に習近平政権が摘発した国家安全省幹部の馬建だったという。

激怒したのは金正恩である。
張成沢を追い込み、13年末には有無を言わさず死刑にした。
17年2月にマレーシアで殺された兄、金正男の事件も、この延長線上にある。
5年かけて中国側にいる兄を追い詰めた。

中国の周永康は13年10月に自由を奪われ、同12月に公式に拘束された。
北朝鮮では張成沢の処分が同時進行していた。
中国が早期に周永康の拘束を公表すると、張成沢との関係に焦点が当たってしまう。
発表は翌夏まで引き延ばされた。

周永康は最後は無期懲役になった。理由は汚職だ。
だが、中国が発表した周永康の罪状を詳細に見ると、国家機密の漏洩が含まれる。
機密の中身は説明されていない。

これが12年夏、盗聴で得た張成沢を巡る情報を金正恩に漏らした罪だ。
中国の権力闘争も絡む国際情報戦の当事者だった金正恩は、中国の弱みも握った。

自分を下ろす陰謀に中国の一部が加担し、それを親切にも教えてくれた中国内勢力は粛清されてしまった。
だから「中国の言いなりにはならない。すでに核兵器を持ち、中国全土は照準の内にある」。
金正恩は逆に脅しているように見える。

中国も負けてはいない。
8月初旬、2回のICBM実験を受けた国連安保理の対北朝鮮制裁決議に賛成。
中国海軍は渤海と黄海で、初めて実戦形式の大規模ミサイル演習を実施した。

渤海と黄海は、先に紹介した北朝鮮のミサイル搭載カメラが映し出した海だ。
渤海沿いの北戴河は、まさに共産党大会前の重要会議の最中だ。
演習には北朝鮮攻撃を検討する米国、そして北朝鮮にも圧力をかける意図があった。

米朝双方をけん制した演習の意味を解説するような論評を、共産党機関紙、人民日報傘下の環球時報が8月11日に掲載した。

ポイントは2点ある。
「もし北朝鮮が米国領を威嚇するミサイルを発射し、報復を招いたなら中国は中立を保つ」
「米韓同盟が軍事攻撃で北朝鮮政権の転覆を謀り、朝鮮半島の政治版図を変えようとするなら、中国は手段を講じて断固阻止する」

「中国は中立を保つ」は、1961年締結の中朝友好協力相互援助条約の肝である「自動参戦条項」を履行しないという宣言だ。
条約は「一方の国が攻撃されて戦争状態に陥った場合、他方の国は全力で軍事援助を与える」と定める。
米軍が北朝鮮を攻撃すれば即、中国に軍事援助の義務が生じる。
すなわち米国と戦う羽目に陥るのだ。

冷戦時代の遺物といえる条項は、中国にとって重荷である。
「中国全土が核ミサイルの照準内」と習近平を脅す金正恩を助ける義務などない。
金正恩もそんな中国にいら立つ。

トップ就任後、一度も訪中できないのは「張成沢・周永康問題」のほか、中朝条約の今後を巡って深刻な対立があるからだ。

一方、中国は「朝鮮半島の版図変更なら断固阻止」の方で、武力行使を排除していない。

中国は「中立」を示唆するが、米軍が北朝鮮に踏み込むなら難民流入の阻止を名目に、中国軍が北朝鮮領内に侵入するだろう。
米軍と正面衝突しないだけだ。
ある中国の安保関係者は「国境から100キロほど入って“中立地帯”をつくる選択肢はある」と口にする。

米大統領のトランプも「米国への威嚇行為をしないことが、北朝鮮にとって最善だ。世界が見たことがない炎と怒りを受ける」と“口撃”した。
まるで北朝鮮の声明だ。
金正恩への強い怒りは習近平にもある。
だが、こちらはおくびにも出さない。

北朝鮮が反撃すれば在韓米軍などに深刻な打撃を受けるだけに、トランプは簡単には攻撃に踏み切れない。

当面は通商法301条を駆使し、中国による知的財産権侵害に関する調査の検討などで習近平をやる気にさせるぐらいしか手がない。

金正恩も8月15日、米領グアム周辺へのミサイル発射に関して「米国の行動をもう少し見守る」と思わせぶりな発言をした。米中朝のチキンレースはなお続く。

by mnnoblog | 2017-08-17 08:37 | 国際

のほほんと---


by mnnoblog