私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 14 )

d0187477_11473030.png
  (Forbes Japan の記事より)

旅行をより気軽で楽しいものにすることを目指すトリップ・ドットコムは先ごろ、「女性の一人旅が特に危険な10か国」を発表した。

米国務省の危険情報や同社を利用した女性ユーザーから寄せられた情報などを基に特定した各国のリストだ。

これらは必ずしも旅行するのを「避けるべき国」ではない。
だが、特に「警戒を要する国」だ。
以下、最も評判の悪かった国から順に紹介する。

1. エジプト

最も「危険」と評価されたエジプトについては、米国務省も旅行者に厳重な警戒を呼び掛けている。
イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」をはじめ多数のテロ組織が政府関係者や治安部隊を標的に、公共交通機関や観光地を含めたさまざまな公共の場で攻撃を行っている。

ただ、トリップ・ドットコムを利用した女性たちは、「この国への旅行を避けるべきとは言わない」としている。
必要なのは、次の点に十分に警戒することだ。

・エジプトの男性は非常に攻撃的な態度に出ることがある。
特に、混雑したマーケットなどでは注意が必要だ。

・地元の習慣に従い、他人の注意を引かないように気を付けて服を選ぶこと(肩や膝が出る服を着ない、体の線が出ないゆったりした服で手首・足首まで隠す)。
髪の毛も隠しておいた方がいいだろう。

・女性はアイコンタクトに注意すること。
目が合うだけでも誘惑していると勘違いされることがある。
サングラスをかけるといいとのコメントもあった。

・地下鉄を使う場合は女性専用車両に乗り、タクシーよりもウーバーを使った方がいい。

2. モロッコ

・テロ事件発生の可能性が高い。

・しつこく物乞いされることが多い。
すり、ひったくり、路上強盗、押し込み強盗などにも特に警戒が必要。

・バッグは斜め掛けにする、貴重品を人目に触れさせない、目的地に向かって移動する以外では出歩かない、などに注意すること。

・露出の多い服装をしないこと。
体を覆う部分が少ないほど、注目される度合いが高まる。
地元の男性らが外国人の女性観光客の体に実際に触れてくることはほとんどないが、口笛を吹かれたりやじを飛ばされたりすることはある。

3. ジャマイカ

・首都キングストンやモンテゴ・ベイは特に凶悪犯罪が多数発生している。

・人気のリゾート地は安全だが、その周辺を離れての旅行は危険。
望まない関心を引くことになる。
ただ、リゾート施設内で従業員と見られる男らが米国人の女性旅行客を狙った性的暴行事件が過去12か月に十数件報告されている。

・肌の露出を控えることにそれほど気を遣う必要はないが、バッグは必ず斜め掛けにすること。

・同性愛者を嫌う風潮が強い。
カップルは用心して行動する必要がある。

4. インド

・テロ攻撃の危険性が高い。
治安は地域によってかなりの違いがあるが、ヨガを学びに行く人が多いケララやリシケシュ、そのほかグジャラートやパンジャブ、コルカタは比較的安全。

・夜間には絶対に一人で外を歩かないこと。
同行者がいても性的暴行の被害に遭う危険性が高く、インド国内でも深刻な問題となっている。

・肩が出ない、丈が長くゆったりした服を着ること。
多くの女性たちが到着後、地元の人たちが着ている服を購入したと答えている。

・じろじろ見られることは覚悟しておくこと。
これはどこでも避けられない。

・朝早くから活動し、早い時間にホテルに戻ること。
女性が電車に乗る場合は、最高ランクの座席を事前に予約すること。
また、デリーなどの都市部では女性専用車両に乗ること。

・宿泊施設に不安を感じた場合に備え、小型のドアストッパーを持参するといい。
侵入者がいた場合、部屋の中に入ってくるのを数秒でも遅らせることができ、その間に叫んで助けを求めたり、逃げ道を考えたりすることができる。

5. ペルー

窃盗、武装強盗、特急誘拐(路上・車上で観光客などを拘束し、現金やクレジットカード、携帯電話、車などを奪う強盗)、クレジットカード詐欺が多発している。

以下、ワースト10の6位以降を国名のみ紹介する。

6. バハマ
7. コロンビア
8. エクアドル
9. トルコ
10. グアテマラ

全般的な安全のためのアドバイス

トリップ・ドットコムの関係者は、旅行先がどこであっても変わらないのは次の点だと指摘している。

・常に直感に従う

タクシーの中でもバーでもどこでも、そこにいない方がいいと感じたらすぐにその場を離れるべきだ。
特に女性は礼儀正しくしなければと考えるため、「失礼かもしれない」と考えてその場にとどまってしまうことがよくある。
本当にトラブルに巻き込まれてしまうよりも、愚かに見えたり失礼な人と思われたりする方がいい。

・地元当局について事前に調べる

腐敗している国もある。
(米国人なら)自国の大使館や領事館に頼るのが最善かもしれない。

・自分で自分を守る

例えばホテルの部屋のドアが薄くて不安に思うような場合に身を守れるように、ドアストッパーなどを持参すること。
それで完璧に身を守る策を講じたことにはならないが、助けを必要としていることを誰かに知らせることはできる。

・保守的な態度を取る

国が保守的であればあるほど、私たち旅行者も保守的にならなければいけない。
他人の関心を引かずに済めば、私たちは旅を価値あるものにするような経験に集中することができる。

・どこでも常に警戒する

結局のところ、100%安全な場所も100%危険な場所もない。
どの程度の危険度まで自分に対応が可能なのか、自分で判断することが重要だ。

by mnnoblog | 2017-09-16 08:45
d0187477_10584044.jpg
(REUTERS の画像と記事より)

英ケンブリッジ大学の出版事業を手掛けるケンブリッジ大学出版局(CUP)は21日、中国政府の要請により中国国内で閲覧ができないようにした天安門事件などの論文について、再度閲覧ができるようにした。

CUPは先週、中国当局の要請を受け、天安門事件や文化大革命、チベット問題などに関する300の論文と書評への中国からのアクセスをブロックした。

閲覧ができなくなった論文や書評は、CUPが1960年代から出版している学術誌「チャイナ・クォータリー」に掲載されている。
この学術誌は、中国当局が神経をとがらせているトピックを多くカバーしている。

CUPは、中国当局の要請に応じたことについて、今後も中国国内で他の学術資料にアクセスできるようにするためと説明。
このCUPの動きについて、学術界からは学問の自由に対する侮辱だとの批判が噴出していた。

中国国営のタブロイド、グローバル・タイムズは、「中国のやり方」が気に入らないなら中国から出て行くべきだと反論した。

CUPと「チャイナ・クォータリー」の編集者ティム・プリングル氏は21日、問題となっていた資料をサイトに再度掲載するという決定を確認。

プリングル氏は「質の高い出版物へのアクセスは、学術研究において非常に重要だ。そうしたアクセスを阻止することは、CUPのように世界的に評判が高い出版社の役目ではない」と語った。

CUPは「閲覧できなくする措置は一時的なものだ」と説明し、「学問の自由は最も重要な原則で、CUPはそれを基礎としている」との声明を発表した。

by mnnoblog | 2017-08-23 08:57
d0187477_12350689.jpg
  (文春オンラインの記事より)

私はコンピューターのプログラミングを義務教育に取り入れるべきだと考えています。
それは、プログラマーが〝人類最後の職業〟になりうるからです。
プログラミングをマスターしていれば、世界中どこに行っても食いっぱぐれることはないという「実益」が第一の理由です。

人工知能はどんどん進化しています。
恐らく世の中にある仕事のほとんどが今後、人工知能でカバーできるようになるでしょう。

それはかつて手工業で作っていた品々を機械が作るようになったのと同じようなものです。
従来は機械化が難しいと思われていた熟練した職人のノウハウも人工知能が得意なものとして置き換わっていくでしょう。
官僚が行っている仕事や医者による病気の診断なども人工知能がとってかわる可能性が高いです。

ただ、税理士や会計士という職業は、生き残るかもしれません。
税務申告や会計処理はルールが多く複雑なので、仕事自体は人工知能が得意とするところです。

しかし、そのような仕事を職業とする場合には資格の取得が義務づけられています。
人工知能がいくら発達していても、こうした法律で保護されているような職業は、なくならないのでしょう。

究極的には人間の仕事は儀礼的なものしか残らなくなる可能性があります。
ただし、過渡期においては、人間の仕事を肩代わりしてくれる人工知能に指示を出す人間が必要になります。
それがプログラマーです。

ですから、プログラミングは人間がおこなう最後まで残る仕事のひとつになるでしょう。
もっとも、プログラミングを全ての人間が学ぶ必要があるかについて異論があるのは当然です。
いくら人間にとって最後の仕事だとしても、全ての人類がプログラマーになるようなことは起こらないだろうからです。

プログラミングを学ぶ意味とは、必ずしもプログラマーになるためではなく、コンピューターとのコミュニケーション能力を向上させることにあると思います。
プログラミングを覚えることで、コンピューターがどのように動作するかが理解でき、なにが得意で、なにが苦手なのか、いわばコンピューターの“気持ち”を理解して、コンピューターに的確な指示を送れるようになります。

私たちは、ふだん他者とのコミュニケーションにおいて、常に相手の行動や思考のパターンをシミュレーションしています。
それと同じことをコンピューター相手に行えるのが、これからの時代の人間に必須の能力となるでしょう。
プログラミングは、デジタル時代の「コミュ力」を向上させるのです。

プログラミングというのは万人に適性があるわけではありません。
ある一定の割合で、いくら教えてもプログラミングが上手くならない、というひとは存在します。

それでもプログラミングを必修科目にすべきというのは、プログラミングを学ぶことがコンピューターの動作原理を理解するのにもっとも近道だからです。
私たちは、小学生のころ、乾電池と豆電球を使って、電気がどのように流れて、明かりが灯るかを学びました。

しかし現在、スマートフォンやタブレットPCがどんな原理で動いているか、理解している人がどのくらいいるでしょうか。
最近の電化製品は取扱説明書を見なくても、感覚的に操作できるようになっています。
その製品のなかで、どういう作業が行われているのか、まったく分からなくても望んだように動かすことができます。

しかしそれは機械に人間とコミュニケーションをしてもらっているだけで、人間が機械とコミュニケーションしているとはいえません。
ですので、コンピューターの動作速度が突然遅くなったり、動かなくなったりした場合、どう対処すればいいか分からないということが起きるわけです。

コンピューターの動作原理を知らないと、メモリがいっぱいになっているだけというような基本的なトラブルでも、素人には何が起きているのか想像ができません。

現代社会に生きる人間は、まわりに溢れているコンピューターの気持ちを理解することでより有利に生活を送ることができます。
だからこそ、最低限の動作原理とプログラミング言語を小学生から学ばせるべきだと、私は考えているのです。

あらゆる企業、あらゆる職業の面接で、コミュニケーション能力というのは、もっとも重要視される指標となっています。
それはどのような仕事においても人間との関わりが仕事の中心となっていることがほとんどだからです。
これからはコンピューターとの関わりも避けては通れません。
コンピューターとのコミュニケーション能力が重要になっていくのです。

もうひとつ、プログラミング教育が重要な理由は論理的思考力と相関があるからです。
プログラミングを学び論理的思考力を高めることは、プログラマー以外の職業でも役に立つのです。

プログラミングもプログラミング言語も日々進化、多様化しています。
あるプログラミング言語を覚えたとしても、10年後には使われていないかもしれません。
それでも一度、そのプログラミングという思考のプロセスを学べば、論理的思考力の向上に役に立つでしょう。

子どもたちにはプログラミング言語そのものよりも、論理的思考力を身につけさせることと、コンピューターの動作原理を理解させることが大切だと思います。

ただし、義務教育にするならなおのことですが、最大の問題は、プログラミングを正しく教えるスキルを持った教師の数が絶対的に不足していることでしょう。
どうせ人材の育成は間に合わないので、ネットでの遠隔授業の導入しか、現実的な解決策はないように思います。
                 川上量生(カドカワ株式会社代表取締役社長)

by mnnoblog | 2017-06-25 08:45
d0187477_223249.jpg

 (NHK NEWSweb の記事より)

10月1日から、医療事故の再発防止を目的に、事故の原因調査をすべての医療機関に義務づける「医療事故調査制度」が始まる。

医療事故調査制度では患者が死亡する医療事故が起きた場合、すべての医療機関に事故の原因調査と新たに設置された第三者機関への報告、それに遺族に調査結果を説明することが義務づけられます。

第三者機関は、医療機関の調査結果に納得できない遺族などからの依頼があれば、調査を行うことになります。

しかし、この制度を巡っては、調査の対象が「予期しなかった死亡事故」と規定され、調査を行うかどうかの判断が医療機関に委ねられているほか、調査結果を説明する際書面の提供を義務づけていないなど、遺族側から懸念が示されています。

NHKは先月、高度な医療を提供する全国84の特定機能病院を対象に、1日から始まる「医療事故調査制度」についてアンケート調査を行い、全体の68%にあたる57病院から回答を得ました。

アンケートの中で遺族への説明方法についてたずねたところ、「報告書を渡して説明する」と答えたのは31病院で全体の54%、「遺族が希望した場合のみ報告書を渡す」が20%(11病院)、「調査報告書は渡さず口頭でのみ説明する」は9%(5病院)でした。

制度への不安や負担に感じていることについて複数回答でたずねたところ、「調査時間やコストがかかる」と答えた病院が最も多く、全体の67%(38病院)、「人手不足」が58%(33病院)、「調査報告書の内容が訴訟や捜査に利用される懸念がある」と答えた病院も54%(31病院)ありました。

NPO法人「ささえあい医療人権センターCOML」の山口育子理事長は「報告書をすべての遺族に渡す病院が半数程度なのは残念だ。遺族の信頼を得るためには、報告書を渡し説明することが不可欠で、医療機関が懸念するような裁判が増えることはないと思う」と話しています。
by mnnoblog | 2015-09-30 08:45
d0187477_12333956.jpg

 (EU MAG の記事より)

1986年に5代目三遊亭圓楽に入門、1992年に真打ちに昇進し、古典落語の名手として活動してきた三遊亭竜楽さん、2008年から「2カ月の準備期間で、世界中の国で現地語公演」というモットーを新たに掲げ、外国語での落語公演を精力的に続けている。

ヨーロッパでは、たとえ内容が理解できなくとも日本語の美しい響きが聞きたいという要望が多い。
そこでイタリアでは、日本語と現地語を併用するスタイルで「ちりとてちん」を演じると、これが、全てイタリア語で行う落語以上に大好評。

イタリア公演の後はフランス公演の依頼が舞い込んだ。

竜楽さんは、「よく笑うイタリア人が最初だったので、背中を押された感じです。イタリアとは国民性が全く異なるフランスでも成功したので、落語は世界中で受け入れられると確信するようになりました」。

演目を選ぶ条件は、世界中どこでも起こり得るストーリーであること。
翻訳は、公演の依頼者がやってくれるので心配ない。

外国語の習得方法は独特だ。翻訳が届くと、まずは全文をカタカナにして暗記してしまう。ひと通り覚えたら実際の音を聞き返して発音やイントネーションが本物に近くなるよう修正し、満足なレベルに達した段階で初めて意味を調べる。

竜楽さんは、目線、表情、しぐさで多くを語り、キーワードだけをシンプルに伝えて、観客の想像力を掻き立てる。この想像力が、文化の差を乗り越える。

ヨーロッパで演じる難しさは、ほとんど感じない。その理由は、ヨーロッパ人特有の精神風土にあるという。 「ヨーロッパは、笑いが個人主義。つまり自分が楽しければ笑います。

今春は中国語落語もマスター。来年は中国本土での公演も決まっている。

「社会がいくら便利になっても、人間を癒やすのは人間。ヨーロッパで公演するようになって、そんな落語の値打ちにあらためて気付きました。」という竜楽さん、現在の目標は、東京オリンピックを追い風にして、一人でも多くの人に落語の魅力を伝えることだと言う。
by mnnoblog | 2015-09-28 08:31
d0187477_9175167.jpg

 (日経Goodayの記事より)

ふと”気配”のようなものを感じて、後ろを振り返ったら人がいた。
こんな経験をした人は、誰でもあるであろう。

姿を見たり、足音を聞いたり、においを感じたりするよりも早く感じ取る“気配”、なんとも不思議な現象である。

東京大学准教授の滝口氏によると、「私たちの体の周りには『準静電界』と呼ばれるごく微弱な電界が全身を包むように存在します。それが”気配”と呼ばれる全てでないにしろ、一部について関係していると考えている」と言う。

体の中では、常に微弱な電気が生じている。筋肉を動かす、脳が体に指令を出す、心臓などの臓器が動くなどの場面で電気的な信号が生まれる。
この様に体内で生まれる微弱な電気が重なり、体の外側に出て、体の全身を包んでいる。
これが『準静電界』である。

『準静電界』は、人間だけでなく、動物や植物など、生物全てが持っている(生体電位とも呼ばれる)。
ただし、非常に弱いので感知するのは難しいそうであるが、人間には耳の奥にある”内耳”が感知器官と言う。

人体の中で一番電圧が高い組織は、この”内耳”。脳や心臓よりもはるかに高い電圧が常時生じている。
また、”内耳”以外にも”体毛”も『準静電界』を感じ易いという。
「総毛立つ」とか「鳥肌が立つ」といった現象がそれである。

どうやら、“気配”を感じるのは“内耳”と“体毛”であるらしい。

“気配”というと、これまではオカルト的で非現実的だというイメージを持たれがちであったが、滝口氏は「『準静電界』を利用した通信や医療器具などの開発に取り組んでいる」と言う。
今後の開発に期待したい。
by mnnoblog | 2015-07-27 08:15
d0187477_14392311.jpg

日経ウーマンオンラインの記事より。

オウチーノ総研は、20~69歳の既婚男女863人を対象に、恋愛と結婚に関する調査を実施した。
その結果、約7割が「恋愛と結婚は別物」と回答し、結婚前に付き合っていた人と違うタイプの相手と結婚していた。

現在の妻・夫は結婚前に付き合っていた人と同じタイプか、違うタイプかを聞くと、「全く違うタイプ」が32.8%、「どちらかというと違うタイプ」が33.3%で、合わせて66.1%が違うタイプと結婚している。

男女別にみると、男性は「全く違うタイプ」27.0%、{どちらかというと違うタイプ」33.1%で合計が60.1%。
女性は「全く違うタイプ」39.0%、「どちらかというと違うタイプ」33.4%で合計72.4%と女性の方が違うタイプと結婚する傾向が強い。

恋愛と結婚は別物だと思うかとの質問には、「そう思う」と「まあまあそう思う」の合計は72.7%であった。

恋愛=結婚と思っている私には、良く理解できない調査結果である。
by mnnoblog | 2015-06-23 14:36

男と女の脳の違い

d0187477_19343645.jpg

exciteの記事を要約する。
男と女は別々の生き物のようである。男と女のすれ違い3選。

1、男性の脳はシングルタスク型、女性の脳はマルチタスク型
男性は基本的にひとつの事しか出来ないのに対し、女性は複数の作業を同時にこなせる。
彼が漫画を読んでいる時に、彼女が話し掛けても、マンガを読むのを中断しない限り、話を殆ど聞いていない。
しかし、彼女は料理をしながら、彼に話し掛ける事が出来る。
彼女は話したつもりになっているから、彼は当然聞いていると思う。しかし、彼は聞いていないから、「ちょっと!聞いているの?」と口論になってしまう。
「言ったよ!」「聞いてない!」良くある話である。

2、悩んでいる時、話して解決するのが女性、放っておいてほしいのが男性 
女性は具体的な解決は二の次で、悩みを誰かに話すだけでも心が楽になるが、男性は自分で解決してこそと思い、人に話したがりません。自分の弱点は見せたくないのです。
彼女は彼が悩んでいる事を聞いてあげようとしますが、彼にとって煩わしい事になってしまいます。
逆に、彼女が悩んでいるのを彼に伝えているのに、彼は「どうしたの?」と言ってくれません。
彼女は「私に関心が無いんだ」と思ってしまう。
彼はそっとしてやっているほうが良いと思っているのです。
これも彼と彼女の思いやりの違いが生ずる食い違いである。

3、時間間隔が短い女性と長い男性
女性は限られた時間をハッキリと認識しながら生活している。
子供が産めるのは何歳まで? 結婚できるのは? 現役で仕事が出来るのは?
「いつになったら〇〇してくれるの?」という言葉を彼女は無意識に使っている事がある。
彼女は刻々と時間がすり減っているのを感じているのですが、彼は「何をせかすのだろう」 と思いながら、あいまいな返事をしてしまっている。
彼の悠長な時間感覚に付き合えなくなってしまう彼女なのです。

以上3選、皆さん思い当たりませんか?
by mnnoblog | 2015-06-10 09:30
MEMORO(Google imagesより)
d0187477_10552269.jpg

2007年、イタリアの若者が立ち上げた「記憶の銀行」が今世界に広がっている。
その名を「MEMORO」という。

「MEMORO」はエスぺラント語で“記憶”を意味している。

「記憶の銀行」は“お年寄りの話を未来に残そう”と、60歳以上を対象に、記憶に残る話―生活、恋愛、思い出など―をビデオカメラに撮影しながら聞き取り、ウエッブ上でアーカイブ化している。

活動はアメリカ、南アメリカ(4カ国)、ヨーロッパ(7か国)、カメルーン、日本と広がりを見せている。

日本事務局の富田直子さんは「大好きだった祖父の人生を、私は何も知らないまま祖父は逝ってしまいました。インターネットの普及により、特別の人だけでなく、一般の人々の貴重な記憶を次の世代に繋げて行きたい」と語っている。

また、「是非、皆様の周りにいる60歳以上の方の記憶を、一本5分位の動画に収めて、「記憶の銀行」のウエッブサイトにアップロードして下さい。貴重なお話から、私たちが学べる事は沢山あると思います」
(2010年10月、DIAMOND onlineの記事より抜粋)

若い人へ何か自分が伝えたい事があれば、下記をクリックして見てはどうでしょうか?
 
 MEMORO International
  MEMORO Japan
by mnnoblog | 2011-02-20 11:10
もの忘れ(Google imagesより)
d0187477_12332560.gif

記憶力の低下は、なぜ起こるのでしょうか?

人が何かを思い出そうとする場合、「×××を思い出せ」という命令を記憶の回路に送りますが、その命令には電気的な信号が必要になってきます。

しかし、電気的な信号が弱いと、命令は直ぐに記憶の回路にアクセスできません。
こうなると、思い出すと云う行為が思い通りになりません。

年を重ねて行くと、その電気的な信号が弱まって来るのです。

しかし、思いだしたい事が、それに関連した事を考えて行く内に、思い出す事があります。
思いだそうとする行為から、それに関連した信号が送られ、その信号が思いだしたい回路に入って、思い出したい事を引きだす事が出来るのです。

特に、人の顔は思い出す事が出来ても、その人の「固有名詞」は思い出せない事があります。

脳は人を識別する時、その人の顔形をまず識別して記憶して行きます。
顔形を識別する集中力の方が、より多くの信号を使って記憶して行きますが、「固有名詞」と関連して記憶する方の信号はそれより弱くなるようです。

従って、脳が記憶する時の集中力がその差となって、顔形は思い出すが、「固有名詞」は出てこない事が起こるのです。

これが「もの忘れ」の実態です。記憶を失った訳ではないのです。

年齢を重ねると「脳内検索エンジン」が低下しただけで、記憶喪失とは違うものなのです。
(この記事は2008年のダイヤモンド・オンラインから一部引用しました)
by mnnoblog | 2011-02-17 12:35

のほほんと---


by mnnoblog