私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

d0187477_83473.jpg

 (日経新聞の記事より)

塩野義製薬はインフルエンザを一日で治療できる世界初の新薬(飲み薬)を2018年にも国内で実用化する。

従来の薬はインフルエンザウィルスの増殖を止める効果がないが、新薬はウィルスの増殖を抑えて死滅させる。
塩野義の新薬は、喉や鼻から人体に入ったウィルスが増殖する時に使う酵素の働きを邪魔し、ウィルスは増殖できず死滅する。

インフルエンザ治療薬は、現在、スイスの大手のロッシュが販売する「タミフル」などがあるが、そのタミフルはウィルスの増殖そのものを止める効果はなく、服用を5日間程度続ける必要があり、患者の負担が重かった。

塩野義は健康な人に投与して、安全性を確認する初期段階の臨床治験を国内で実施した。
また、11月以降、数百人規模の患者を対象にした第2段階目の治験を始め、効き目を確認する。

厚労省は画期的な新薬の早期の実用化を促す「先駆け審査指定制度」で、同社の新薬を指定した。
厚労省から製造販売承認が得られれば2018年にも発売する。
by mnnoblog | 2015-10-31 08:01 | テクノロジー
d0187477_18134098.jpg

d0187477_1814389.jpg

d0187477_18255914.jpg

d0187477_18142262.jpg

(FUTURUS の画像と記事より)

トヨタが、“機械”の魅力を改めて世に問う、“ニューレトロ”なコンセプトモデルを、この度東京モーターショーに出展する。

このコンセプトモデルは『KIKAI (キカイ)』。

世界的に若者のクルマ離れが進む中、機械は本来、人間の思想や情熱、知恵が生み出した“愛すべき存在”であり、それを改めて形にして示そうというワケだ。

全長3,400mm、全幅1,800mm、全高1,550mm、W/B2,450mmと、軽自動車サイズながらも全幅はかなりワイド。

パワーユニットは1.5Lエンジン+モーターのハイブリッド方式で、駆動方式はMR(ミッドシップエンジン・リヤドライブ)となっている。

乗車定員は前席1名、後席2名の3名で、前後にオフセットしたシート配置が、乗員間の心地良い車内コミュニケーション空間を創出する。

同モデルの最大の特徴は“機械と人間の対話”を促す仕様になっていることだ。
走行中に、“走る”、“曲がる”、“止まる”を司るメカニズムを、五感でダイレクトに感じるように工夫されている。

フロントウインドシールドガラス越しに、ボンネットフード上に露出したサスペンションのアッパーアームの動きを見ることができると共に、足元横にある小窓からは、タイヤやサスペンションの動き、流れる路面の速度感も感じられるといった具合である。

このように『KIKAI』は一見“ノスタルジック”を感じさせるが、その実、ハイブリッド技術を組み込んだ“ニューレトロ”なコンセプトカーに仕上げられている。
by mnnoblog | 2015-10-30 08:12 | テクノロジー
d0187477_14162346.jpg

 (NHK NEWSweb の記事より)

10/27、世界から友好都市協定の申し込みがあった南米ペルーのマチュピチュ村が、世界で初めて、福島県の大玉村と、世界遺産のマチュピチュで友好都市協定書を交わした。

なぜ、世界各地から友好都市協定を結ぼうと申し込みがあったにも拘らず、今回、マチュピチュ村は福島県の大玉村と友好都市協定を結んだのだろうか?

それは、大玉村出身の野内与吉さんとマチュピツ村との間に深い繋がりがあったからである。

野内与吉さんは明治28年、福島県大玉村の裕福な農家に生まれた。
海外で成功したいという夢を抱いて、日本が中南米で最初に外交関係を結んだ国、ペルーに渡ったのは21歳の時。

野内さんは農園で1年間働いたあと、大正12年ごろからペルーの国営鉄道で働き、昭和4年ごろからマチュピチュで暮らし始め、川から水を引いて畑を作ったり水力発電で地域に電気をもたらしたりした。

また、温泉を発見したと伝えられている。

昭和10年には、当時は珍しかった本格的な木造建築のホテルを建て、郵便局や交番などとして部屋を無償で貸し出し、この建物を中心に地域が発展していき、昭和16年にマチュピチュ村が誕生。

川が氾濫してマチュピチュ村が土砂災害にみまわれると、野内さんは昭和23年、日本人でありながらマチュピチュ村の村長に任命され復興に手腕を発揮し、村の発展に尽くしたということです。

マチュピチュ村のガヨーソ村長は「およそ100年前にペルーに来た野内さんがマチュピチュ村の村長になり、大玉村との深い絆を築いたのです」と話していました。

野内さんは昭和43年、52年ぶりに大玉村に里帰りし、マチュピチュの遺跡に関する講演会を開くなど、大玉村の人々にもペルーの魅力を伝えていたといいます。

親族が日本に残るよう説得したものの、子どもたちを残しているからとペルーに戻り、昭和44年8月、マチュピチュの玄関口にあたる町クスコで、波乱万丈の生涯を閉じました。74歳でした。
by mnnoblog | 2015-10-29 08:11 | 国際
d0187477_16482514.jpg

 (日経新聞の記事より)

エジプト考古省は、地球に降り注ぐ宇宙線を利用して、ギザのピラミッドの内部を調査すると発表した。

日本の最新デジタル技術を活用して、破壊せずに内部の構造を把握する試みで、未知の部屋が見つければ、世紀の大発見につながる可能性がある。

この調査には、名古屋大の森嶋特任助教ら日本の研究者のほか、フランスとカナダの研究チームも加わる。

調査は、宇宙船から生じる「ミュー粒子」を利用する。
物を通過しやすい性質を生かし、粒子が飛んできた方向と数を測定して、密度などを推定する。

ピラミッド内部には、既に見つかっている空間に特殊なフィルムを置き、粒子の痕跡を解析して内部の構造に迫る方法である。

日本では最近、福島第一原発事故で溶けた核燃料を調べるのに、この技術が用いられた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エジプトのピラミッドのついては以下の記事がある

2011/5/27、日経新聞の記事より
英BBC放送によると、米アラバマ大学のサラ・パーキャック博士らのチームが26日までに、人工衛星の赤外線探査で、エジプトの地下に埋もれた未知のピラミッド17個を含む千以上の墓と3千の集落を「発見」した。
地上からの試掘で、ピラミッドとみられる建造物二つも確認され、今後本格的な調査が行われるという。
by mnnoblog | 2015-10-28 08:46 | テクノロジー
d0187477_1447611.jpg

 (日経新聞(時流地流)の記事より)

現在の人口は2万人足らずであるが、この15年で21%も人口を増やしたのが軽井沢町である。
1997年に長野(北陸)新幹線が開業してからは緩やかに増加を続ける。

「新幹線の駅が出来れば、賑やかになる」と住民から期待されるが、それと裏腹に開通後、東京などの大都市にヒトやカネを吸い取られる「ストロー現象」に見舞われる所も少なくない。

それなのに、軽井沢はどうしてヒトを引きつけられるのか。

駅の北側、旧軽井沢周辺の別荘地をめぐると、カラ松林の中に広がる別荘地の1区画が広い。
土地に比べ建物の大きさが一定の比率以下で塀がない。

それは、別荘地の建ぺい率や建物の高さを町の「自然保護対策要綱」で厳しく定めているからである。

木々の隙間から浅間山や青空が望まれる風景は、自然に出来たわけでもなく、住民が取り決めを守り続けたからこそ実現出来ているのである。

町では出来ない事が多い。

温泉を掘るのは難しいし、他の温泉地のような遊びは出来ない。
出来ないこと多さ=「引き算」の発想が、「世界に誇る清らかな環境と風俗」を形作っている。

「上乗せ交付金」を得られる10月末に向かって、各自治体は地方創生のための戦略を策定するのに躍起となっている。

多くの戦略は、施策を積み上げて行った結果、他の自治体との違いがわかりにくいものになっている。
「これはしない、あれは出来ない」といった「引き算」から出発した方が個性ある街づくりにつながるのではないだろうか。
by mnnoblog | 2015-10-27 08:43 | 社会
d0187477_941185.jpg

 (CSIS/AMTI発表の画像、日経新聞(風見鶏)の記事より)

世界の指導者は二つのタイプに分かれる。
どんな相手とも「話せば分かる」と信じるタイプとその逆のタイプである。

「話せば分かる」の典型はオバマ大統領である。

彼に接した事がある政府高官らは「オバマ大統領は軍を動かすのを嫌がる」と語る。
なぜなら、たいていの問題は「話せば何とかなる」と思っているからだ。

そんな彼がついに怒りを爆発させ、対話に見切りをつけたのは、9月24日ワシントンにやってきた習近平中国国家主席との側近だけによる私的な夕食会でのことだ。

オバマ大統領はかなりの時間をとり、習近平中国国家主席に対し、南シナ海の岩礁埋め立てによる軍事施設の建設を止めるよう求めたが、習近平中国国家主席は全く取り合わず、箸にも棒にもかからないやり取りに終わった。

その夕食会の直後、ハリー・ハリス米太平洋司令官に側近を通じ連絡させ「南シナ海での作戦(中国が作った人工島の12カイリ内に米軍を派遣する)を承認する」通告をした。

国際法では、各国の沿岸から12カイリを領海と定めており、そこに米軍の艦船を送り込み、「人工島」を中国の領土と認めないという姿勢を見せることである。

「力による現状維持の変更を黙認すれば、アジアは不安定な状態になってしまう」

その一方で、近づく米軍を中国軍が阻止しようとすれば、紛争になる危険がある。
その時、日本はどうするのか。

安保関連法が成立した今、これまで以上に真剣かつ、慎重に検討しなければならない。

オバマ大統領に任期はあと一年、「南シナ海で中国と対立しながらも、温暖化対策やアフガニスタン復興では協力し、成果を上げる余地を残すべきだ」。
ホワイトハウス内からは、こんな声も聞かれる。

テーブルの上でけんかをしながらも、下では握手を交わす。
舞台裏の米中の駆け引きにも目を凝らし、中国への圧力と対話をどう加減するか。

安部政権の判断力が試される。

     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⇒9/25、MIZUHO no KUNI の記事より
中国が南沙諸島に建設している人工島のファイアリークロス礁とスービ礁、それに中国が以前より占拠しているミスチーフ礁の3カ所で、軍用基地として使用可能な3000メートル級滑走路がそれぞれ建設されているのが確認された。

これまでのところ、人民解放軍の南シナ海に対する前進拠点は、西沙諸島の「永興島」であった。

永興島は、軍・政府関係者ならびに漁業関係者をはじめとする民間の人々も居住して1500名ほどの人口を抱え、南シナ海の“中国の海洋国土”を管轄する三沙市行政機関が設置されており、人民解放軍海軍部隊と武装警察部隊が常駐していて、2700メートルの滑走路を有する航空施設と5000トン級の艦船が接岸できる港湾施設が設置されている。

永興島は、海南島の海軍基地や航空基地からはおよそ400キロメートル、そして中国本土広東省の航空基地からはおよそ600キロメートルの位置にあり、海軍の前進拠点と考えられていた。

しかし、その前進拠点からでも南沙諸島の中心海域までは750キロメートル(400海里)前後はある。
そのため、万一フィリピン沿岸域にアメリカ空母が展開した場合には、人民解放軍戦闘機は圧倒的に「距離の不利」に直面してしまう。

したがって、中国海軍や海軍よりも頻繁にパトロール活動を展開することになる中国海警(沿岸警備隊)にとっては、南沙諸島に前進拠点を確保することは絶対に必要であり、それも急務とされていた。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⇒ウィキペディアの記事より
1988年3月14日、南沙諸島における領有権をめぐり中国・ベトナム両海軍がジョンソン南礁で衝突。
このスプラトリー諸島海戦で勝利をおさめた中国が、赤瓜礁(ジョンソン南礁)、永暑礁(ファイアリー・クロス礁)、華陽礁(クアテロン礁)、東門礁(ヒューズ礁)、南薫礁(ガベン礁)、渚碧礁(スビ礁)と名付けられた岩礁または珊瑚礁を手に入れる。 

島は最大でも約0.5km2しかなく、ほとんどの島は本来、一般人が普通に居住できる環境にはない。
しかし広大な排他的経済水域(EEZ)の海洋資源や石油・天然ガスなどの海底資源埋蔵が見込め、軍事的要衝でもあるため、中華人民共和国、中華民国(台湾)、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイが諸島全部または一部の主権(領有)を主張している。

    -----------------------------------

⇒10/27、朝日新聞デジタルの記事より
米海軍の駆逐艦が26日夜(日本時間27日午前)、中国が南シナ海の南沙諸島で埋め立てた人工島から12カイリ(約22キロ)内に進入し、航行の自由を行動で示す作戦を実施した。

米海軍が派遣したのは、第7艦隊の拠点である横須賀基地所属のミサイル駆逐艦ラッセン。
中国が南沙諸島で埋め立てをし、3千メートル級の滑走路を建設しているスビ礁から12カイリ内の海域を航行した。

王毅(ワンイー)外相は27日午前、北京市内で朝日新聞などの取材に対し、「米側はよく考えて行動するよう忠告する。軽々なことは慎むよう求める」と米側の動きを強く牽制(けんせい)した。

     ----------------------------------

⇒12/4、Newsweek
常設仲裁裁判所(オランダ、ハーグ)は10月末、南シナ海における領有権問題に関してフィリピンが中国を相手取って起こした仲裁手続きについて、同裁判所に管轄権があるとの判断を示した。

常設仲裁裁判所が最終的にフィリピン政府に有利な裁定を下せば、中国は外交・司法面での強い圧力にさらされる可能性があると述べている。

司法専門家によれば、管轄権をめぐる審理における中国側の主張に対して同裁判所が詳細に反駁(はんばく)していることから、フィリピン政府が勝利を収める可能性はかなり大きいという。
最終的な裁定は2016年半ばに予定されている。
by mnnoblog | 2015-10-26 08:38 | 国際
日本には、その美しさから「○○ブルー」と呼ばれているスポットがたくさんあります。そんな青が美しい水の絶景スポットをまとめてみました。
 (NAVER まとめ、の画像と記事より)

◆阿寺ブルー:長野県大桑町の「阿寺渓谷(あてらけいこく)」
d0187477_1920615.jpg


◆積丹ブルー:積丹は北海道西部、後志地方にある積丹半島の日本海に面した所
d0187477_19213784.jpg


◆仁淀ブルー:仁淀川は愛媛県から高知県の7市町村を経由して太平洋へと注ぐ
d0187477_1923361.jpg


◆八丈ブルー:八丈島、夏場の黒潮が八丈島に入っている時が1番よい
d0187477_1925799.jpg


◆銚子川ブルー:銚子川は熊野灘へと注ぐ三重県南部の紀北町を流れる河川
d0187477_19264563.jpg


◆ケラマブルー:慶良間諸島は那覇の西40km行ったところに、有・無人を合わせ20あまりの島々から成る
d0187477_19291328.jpg


◆美瑛ブルー:青い池はJR美瑛駅から約17km、白金温泉から2.5kmにある
d0187477_19324827.jpg

by mnnoblog | 2015-10-25 08:11 | 環境
d0187477_8312720.jpg

 (NHK 視点・論点 の記事より)

東芝事件とは何だったのでしょうか?

まずトップが利益至上主義に立脚して、無理な利益確保を要求し、東芝では「カンパニー」と呼ばれる多くの事業本部で赤字決算を認めなかったのです。

一方、適正な会計原則を守るべき経理部はトップの経営判断に盲従し、正当な経費の算出や引当金の計上を怠りました。

こうしたトップの暴走を抑止し、会計原則を遵守させる規律付けの体制であるガバナンスや内部統制システムは、一見、整っているように見えましたが、実際には機能しませんでした。

本来、企業には「適正な手段方法」による、「高水準の利益の確保」が求められています。

「日本資本主義の父」とも言われる渋沢栄一は、「正しい道理を踏んで得た富貴こそが価値を持つのであって、そうでなければ、むしろ貧窮の方が良い」と言うのです。

ところが経営トップは時として、手段や方法の公正さや適正な会計処理などを無視して、ひたすら利益のみを追究しようとします。
しかし、いつか真相が露呈します。粉飾決算なら、多額の収益も幻影にすぎません。

或いは、違法なカルテルや過酷な労働環境により収益を得たとしても、そのような収益は長続きしませんから、会社は持続不可能となります。

そこで、こうした事態を抑止し、適正にかつ効率的に収益を挙げるように業務執行者を牽制し、監督するシステムがコーポレートガバナンスと呼ばれる経営者への規律付けです。

東芝にはこのガバナンスが存在しなかったと言わざるを得ません。
そもそも、日本独自の監査役型ガバナンス・システムは世界でも孤立している変則なモデルと言われます。

①株主に代わって経営者をコントロールするべき取締役会が社長の部下とも言える業務執行者で固められているので取締役会がトップを監視し、牽制するのは困難です。

②監査役には取締役会での議決権がないため社長の選任解任権がないので暴走するトップを交代させられません。

そこで東芝は「海外のガバナンス・モデル」に類似した指名委員会等設置会社として、監査役を廃止し、社外取締役も多数入れていました。

にもかかわらず、今回のような事件が発生したのはなぜでしょうか?

いくら制度を改革してもそれを担うのは人間です。
優れた専門能力を持ち、経営トップの社長や会長におもねらず、自己の信念と判断に基づいて諫める人が必要です。

そういう人物が社外独立取締役として存在しなければ、いくら制度を変えてみてもトップの牽制は出来ません。

東芝では監査委員会の委員長が社内の元財務担当役員であり、法務担当の監査委員からの粉飾決算を疑う質問を無視しました。
企業会計についての十分な知識や理解力を持つ社外取締役もいませんでした。

現在、日本では企業の活性化をもたらすためにガバナンス改革が急速に進められています。

平成26年には機関投資家が投資先との間で対話を行い、経営を評価して、役員選任などを適正に行うように「スチュワードシップ・コード」が導入されました。

これにより経営者との対話が進み、経営者が自ら進んで株主の意向に添った経営を実現させる事を期待するものです。

一方、平成27年5月、東京証券取引所は「コーポレートガバナンス・コード」を制定しました。

その内容は東証1部2部上場会社に対し、複数の独立取締役を確保することを要請するとともに、経営トップや役員に関し報酬基準、選任基準、具体的決定理由などの事項について開示を要請しています。

こうして、二つのコードの相乗作用により、経営者は公正で適正な経営を推進し、高収益をもたらす経営を実現することになります。

しかし、海外と比較して日本が劣位なのは取締役会だけではありません。公認会計士や弁護士の質量ともに大きな差があります。

例えば、「会計不正事件」を抑止するためには、経理財務に関する内部統制組織の強化が必要で、それには社内にプロとしての公認会計士がいることが不可欠です。

他方、違法カルテルや食品偽装、労働法規違反などの違法経営を抑止するには法務部や内部統制組織に多数の弁護士が必要です。

海外企業には「ジェネラルカウンセル」と呼ばれる弁護士出身の内部統制組織のトップが必ずいます。
上級副社長級で日本の法務部長とは比較にならない強烈な権限を持っています。
しかし、日本企業にはこうした役職はほとんどありません。

このプロフェッション力の差が日本の経営者へのガバナンスの弱さと不正行為の横行の原因のように思われます。

海外に比較して、日本の内部統制組織のメンバーがトップの意向に迎合しやすいのは、独立職たるプロの人数が少ないためかもしれません。

事の本質は自立する個人が確立せず、事の是非を判断せず、空気に流され、組織内の軋轢を避けて、もたれあいを是とする日本企業や日本人の在り方が問われているのではないでしょうか。

福沢諭吉が「一身の独立なくして、国家の独立なし」と言ったように、「企業の自立」もあり得ないのです。
by mnnoblog | 2015-10-24 08:30 | 産業

人工知能が先生になる日

d0187477_123046.jpg

 (FUTURUS の画像と記事より)

今、小学生や中学生の子供を持つ親が我が子の授業風景を見たとき、あるいは既に孫がいる世代が、最近のテレビドラマなどで授業風景を見たとき、「ああ、懐かしい光景だなぁ」と思うことに違和感を覚えたことはないだろうか。

何しろこの半世紀で、ITを初めとして、技術も社会も大きく変貌しているのだ。
子供達の授業風景だけがあまり変わっていないことは奇妙なことではないか。

そんな指摘をしてくれるのは、株式会社COMPASSの神野元基氏だ。

同社は、人工知能を活用する事で、戦後70年間変わらなかった教育の現場を変えようとしている。

同社のオフィスでは少人数の中学生を対象に授業を行っているが、神野氏はある壁にぶつかっていたという。
それは、一端どこかで授業が理解できないことがあると、その生徒はもうリベンジできないと言うことだ。

特に、数学のような積み重ねが重要な学科であれば、“比例・反比例”、“方程式”、“文字式の単元”などのどこかで躓いてしまうと、もはやその先の“1次関数”以降は理解できなくなってしまう。

しかし、教師1人に生徒が約30人と言った現在のスタイルでは、このような躓きをサポートすることができないのだ。

このような躓きを経験してしまった生徒をサポートするには、マンツーマン方式による指導が考えられるが、授業料が高いため、経済的な負担が大きくなってしまう。

そこで登場したのが、人工知能が講師をすることで、低コストで個人指導をできるではないか、という発想だった。

こうして辿り着いたのが、『Qubena(キュビナ)』アカデミーだ。
『Qubena』というのは、人工知能が算数・数学を教える教材で、タブレット端末で利用する事ができる。

この人工知能の講師が優れているのは、生徒一人ひとりの理解度に合わせて教材が柔軟に変化することだ。

この当たり前であるにもかかわらず、長いこと教育の現場では対応してこなかったことに、この『Qubena』は従来の7倍の学習効果を達成して見せた。

しかも、『Qubena』は、生徒が何人になろうともタブレットさえ用意すれば一人ひとりに対応できるため、その分負担が軽くなった教師は、生徒のメンタルな部分をサポートしてあげることが可能になる。

つまり、教師は“生身の人間”にしかできないことに注力できるのだ。

人工知能を活用する事で、躓きの無い学習機会を生徒に与える事ができるかもしれない。
人工知能が新しい授業スタイルを切り開こうとしている。
by mnnoblog | 2015-10-23 08:28 | テクノロジー

音と光と香りで快眠へ

d0187477_12182092.jpg

 (FUTURUS の記事より)

睡眠のメカニズムが解明されるにつれ、眠りを科学し、睡眠の質を向上させることに徐々に注目が集まっている。

人生の1/3を睡眠に使っている我々にとって、睡眠の質の向上は残りの2/3の時間を充実させるのに必須な要素だからだろう。

そんな睡眠の最適化に、正攻法で挑んでいるのが『Sleepion』である。

この『Sleepion』は“音、光、香り”の3要素を用いて、1番深い睡眠と言われる『徐波睡眠』の状態にいざなうことを目指しいる。

まずは“音”について見てみよう。音は睡眠導入の段階で大きな役割を果たすといわれており、『Sleepion』では母親の胎内にいるかのような音を意識し、胎内回帰音を12種類搭載している。

次は“光”だ。リラックス効果を高めるため、ロウソクの色味や月明かりの明るさといった伝統的な夜の明かりを再現し、色温度2,700K、明るさ35%でほんのりとあたりを照らしてくれる。
この光は入眠状態から深い徐波睡眠へいざなうのに有効とのことだ。

そして最後は“香り”だ。『Sleepion』では、人工的な香料は一切使わず自然由来の香りを大事にしている。一般的にリラックス効果が高いと言われる、ラベンダー・ヒノキ・ゼラニウムといった3種が用意されており、好みの香りを部屋に満たすことが可能だ。

これらの3要素を組み合わせ、『Sleepion』は、より深い睡眠へといざなおうというわけだ。
どれもリラックス効果が高いものとしてよく知られているが、これらを組み合わせ、そしてそれぞれを睡眠に最適化することで、深い睡眠に導入することが可能になるというわけだ。

実際に大阪府立大学が20名の女性を対象に行った実証実験では、就寝から睡眠までの時間が平均15.8%短縮し、深い睡眠に至るまでの時間も、16.6%短縮されたとのことだ。

『Sleepion』は現在クラウドファンディングサイト『Makuake』で資金調達中で、19,800円の出資で1台手にすることができる。
by mnnoblog | 2015-10-22 08:17 | 生活

のほほんと---


by mnnoblog