私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

d0187477_19334737.jpg

 (日経デジタルヘルスの記事、NAVER まとめ からの画像と記事より)

早期発見が難しく、予後不良ながんとして知られる「すい臓がん(膵がん)」。
その早期診断につながり得る血液バイオマーカーを、国立がん研究センターが発見した。

既に検査キットも開発。臨床での有用性を検討し、膵がん検診用バイオマーカーとしての実用化を目指す。

国立がん研究センター研究所では、血液中の「アポリポプロテインA2(apoA2)」と呼ぶたんぱく質に着目。
そのアイソフォーム(たんぱく質の構造や機能が似通った分子の総称)の血中濃度が、早期の膵がんや膵がんのリスクとなる疾患の患者において、有意に低下することを発見した。

今後、膵がん検診用バイオマーカーとしての実用化を目指し、apoA2アイソフォームを使う「膵がん模擬検診」を神戸大学などと開始する。

膵がんは有効な検診が存在せず、早期発見が難しい。
進行した状態で見つかることが多く、予後は一般に不良だ。

膵がんの補助診断には現在、「CA19-9」と呼ぶバイオマーカーを使っている。
ただし早期膵がんへの感度が低いことなどから、検診としての使用は奨励されていないという。

apoA2アイソフォームを単独またはCA19-9と組み合わせて検診に利用できるようになれば、早期膵がんやそのリスクとなる疾患をスクリーニングできる。
早期に画像診断などへつなげることで、膵がんによる死亡率の減少につながる可能性がある

膵臓は胃の後ろにある長さ20cmほどの細長い臓器。
すい液という消化液を生産し、これをすい管の中に分泌して、十二指腸へ送り込む働きをする。

すい臓がんの症状として共通しているのが、胃のあたりや背中が重苦しい、お腹の調子がよくない、食欲不振やだるさ、体重の減少などがありますが、いずれもすい臓がん特有の症状ではなく、胃腸の調子が悪い程度のもので見過ごしてしまいがちです。

膵臓は身体のまん中にあり、胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・脾臓などに囲まれているため、癌が発生しても見つけるのが非常に難しい。

すい臓がんの原因はいまだ不明な点が多いため、はっきりとした予防法はないといえます。
そのため、まずは定期的な検査による早期発見が重要です。
by mnnoblog | 2015-11-30 08:33 | 健康
d0187477_1773640.jpg

 (画像は読売TVより)

11/26~29、宮崎カントリークラブで開催された国内女子メジャーの「LPGAツアー選手権リコーカップ」は、申ジエ(韓国)が通算△7で、2位の大山志保の通算△1に6打差をつけて優勝した。

最終日の申ジエは、終始堅実なプレーで優勝をもぎ取った。
首位発進の大山志保は、パットに苦しみ、地元での優勝とならなかった。

通算アンダ―プレーの選手は、申ジエと大山志保だけという試合内容であった。
3週連続優勝が掛かっていた、イ・ボミはテレサ・ルー、チョン・インジと同等の通算+1の6位タイであった。
by mnnoblog | 2015-11-29 17:25 | スポーツ

口火を切る勇気

d0187477_19101514.jpg

 (日経テクノロジーonline の記事より)

口火を切るというのは、物事を他に先駆けて行うことや、きっかけを作ることだったり、会議の席で最初に意見を言ったりすることである。

口火によって火が付いた後は、本格的に燃えるのだから、口火を切る者は、ある意味で責任があるといえる。
口火の付け方が悪かったり、変な方向を示唆するような口火の切り方のために、せっかく付いた火なのに消えてしまったり、異常に燃え上がって収拾がつかなくなってしまうこともある。

だから、重要な会議の席で「何かご意見はありませんか」と言われても、真っ先に手を挙げるのをためらうのは、この責任を感じるからに違いない。

実は、何かを始めるときに大切な口火、それは開発においても大事なことではあるまいか。
特に、若い人が先輩を差し置いてでも真っ先に口火を切ることが、本当に大事なことではないかと思うのである。

あえて先輩を差し置いてと言ったのは、若い人ほど、口火を切ることに慣れなければいけない、いや、それが当たり前であると言うほどに大事なこと、そう言いたい。

往々にして私たちの心理の中(うち)には、意見を言うときの順番があるようだ。
まずは年長者が自らの経験を踏まえ(たような顔をし)て、いかにも「仰る通り」的な発言があり、その後の議論の道筋が、その仰る通りの方向で決まってしまうことが多いのだ。

開発とは前例のないことなのに、経験豊富な者ゆえの発言を重視する、そんな傾向があるのではなかろうか。

その点、若い人(経験の無い人と言ってもよい)には、それが無い。
私は、この経験が少ないあるいは乏しい人が口火を切る、そのことが、本当に新しいと思うのである。

だがしかし、往々にして若い人には、口火を切る勇気がない。これも事実である。
中には、年齢的にはそこそこ行っているのに口火を切ることをためらう人もいる。

理由は、転職して間もないと経験不足を口実にしたり、開発部門に配属して間もないなど、開発の経験が少ないのを理由にしたりしてしまう。

気持ちは分かるが、いただけない。
経験の無い者、あるいは少ない者が斬新なアイデアを出す場合が多いのを私は知っているし、それが大事なことである。

よく考えれば、アイデアはあるのに、それが大発明になるのかもしれないのに、勇気がないだけでお蔵入りになるのはいかがなものか。
ここで欠けているのはほんの少しの勇気、それだけではなかろうか。

さあ、口火を切ろう。勇気を出して、新しい事の最初に火を点ける口火を切ろう。
年功序列的な順番なんて関係ない。

アイデアを出すのに、何を言われようと笑われようと、最初に言うのが大事なこと。
口火を切って開発が始まる。口火が強火なら、開発は成功するのである。
by mnnoblog | 2015-11-29 08:08 | 社会

中国と韓国の少子高齢化

d0187477_1852386.png

 (JPpress の記事より)

アジアの少子高齢化。お隣の国、韓国と中国の実情を見てみよう。

アジアの中でも日本以上に少子高齢化が加速・大問題化しており、とりわけ韓国はOECD(経済協力開発機構)加盟国の中で2002年 (1.17人)から13年間、出生率最下位という汚名記録を更新中だ。

昨年の合計特殊出生率は「1.21人」で、日本の1.43をはるかに下回り、「国連人口基金(UNFPA)における世界人口現況報告書」によると、韓国の2010~2015年の推計年間平均出生率は1.3人で、世界で3番目に低かった。

さらに、高齢化率は11.8%(2012年)で、日本の約24%に比べるとまだ低いが、高齢化社会(人口比率で65歳以上が7%以上)から高齢社会(同14%以上)へ移行する年数(倍化年数)スピードが異常に速い。

2025年には20%、2037 年には30%、さらに2050年には約37%までに急上昇すると予測されており、日本を超える世界屈指の「超少子高齢社会」になることはほぼ確実だ。

仏教社会のタイと同じく、儒教社会の韓国でも、親の世話をするのが子供の務めとされる伝統が崩壊し、高齢者の自殺も同じく急増しているという。

こうした状況に韓国政府は「低出産高齢社会基本法」(2005年)を制定し、日本の少子化対策を参考に、低所得層への保育費補助、育休制度活性化、短時間勤務制度導入、保育所拡充などといった少子化対策を試みた。

しかし、これと言った効果がなく、最近は独自に新手の政策も実施し始めた。

1つは、無償保育の実施だ。2013年から子育て費用削減を目的に、0歳から5歳児を対象に保育施設を無料化した。

その結果、働くお母さんが増え、女性の労働力拡大にはつながったものの、需要に供給が追いつかないうえに保育の質の悪さが大きな社会問題になっている。

出生率の低下の主な原因は、経済発展に伴う女性の高学歴化と社会進出で、晩婚化と未婚化が進んでいるためだ。
経済低迷に伴う就職難も非婚化に拍車をかけている。

加えて儒教社会の韓国では、結婚は「家同士の結婚」とも解釈され、結婚式から、新居、親族との関係など、結婚することは精神的だけでなく、経済的にも負担の大きい人生の選択と捉えられている。

そんな社会構造事情を憂いで、「恋愛」「結婚」「子供を持つ」、この3つを放棄した20代の若者を揶揄して「三抛(放棄)世代」という言葉が最近流行したことがある。

放棄するものがこの3つだけでは足りず、これに家を持つことを諦め、人間関係も諦めるという「5抛世代」へ“進化”している

さらには最近は希望や夢までギブアップする「7抛世代」が主流とも言われようになった。
人生のすべてを諦めることを強いられた「n抛(エヌポ)世代」という言葉まで流行しているというから、韓国の少子高齢化の深刻度は相当なものと言えるだろう。

次は世界最大の人口を誇る中国を見てみよう。

世界経済を牽引してきた中国が人口ボーナス期から人口オーナス期に入ったことは、昨今の経済不振にも色濃く反映されている。

先頃廃止を決めたものの「一人っ子政策」を長年続けてきた影響で、2015年を境に生産年齢人口(中国の場合、14歳から59歳)は減少し始め、オーナス期に入ったと見込まれる。

これまで中国の高成長を後押ししたのは、まぎれもなく人口ボーナスだった。
しかし、同時に高齢化が急速に進行しているため、65歳以上の高齢者はすでに全体の約9%(中国当局)に達している。

しかも、この比率は2035年には約20%にまで膨らむとされる。中国の少子高齢化も韓国に負けず劣らず猛スピードなのである。

先進国の仲間入りを果たしている韓国と異なり、中国の場合には国民が豊かになる前に高齢化社会に突入する危険性が極めて高いのだ。中国ではこれを「未富先老」と呼んでいる。

中国の計画生育委員会は合計特殊出生率を長らく1.8と発表してきたが、2010年の国勢調査では、1.18にまで低下していることが判明している。

一人っ子政策を放棄してもこの数字が簡単には改善しないとみられ、中国の出生率は極端に低迷を続けることは間違いない。

高齢化は国内貯蓄の低迷を招き潜在成長率を引き下げる。
さらには年金や医療費負担の増加という日本が直面している問題が、経済が十分発展する前に訪れる。

少子化対策ではフランスやスウェーデンが成功事例とされるが、その背景には事実婚を認め、婚外子の手当てを厚くすることを認めた社会の意識改革がある。

親子の同居率が高く、家系を重視する「直系家族系」のアジアにその価値観を組み込むのは簡単ではない。

有効な対策を打てずに出生率が1.1から1.3前後という水準を続ければ、国家が消滅する危機に直面しかねないのだ。
by mnnoblog | 2015-11-28 08:51 | 国際
d0187477_18133715.png

 (Economic News の記事より)

東京商工リサーチの調査では、今(2015)年1~10月の「老人福祉・介護事業」の倒産が62件に達し、すでに前年の年間件数(54件)を上回った。

介護報酬が今年4月から9年ぶりに引き下げられたことに加え、介護職員の人手不足もあり、厳しい淘汰の波が押し寄せている。

企業全体の企業倒産はバブル景気時並みの低水準で推移しているが、今年1~10月の老人福祉・介護事業の倒産は前年同期比34.7%の増加だった。

負債10億円以上の大型倒産がゼロだったのに対し、負債5000万円未満が42件と増加し、小規模企業の倒産が大半を占めた。

内訳をみると、「訪問介護事業」が25件、施設系のデイサービスセンターを含む「通所・短期入所介護事業」が24件と倍増。ここ数年で新規参入した事業者の倒産が相次いでいるようだ。

業態別では、事業所の解体・消滅である「破産」が60件と、全体の9割以上を占めた。
一方、再建型の「民事再生法」は2件にとどまり、業績不振の事業所の再建が難しいことを物語っている。

ここにきて倒産が増加している背景には、介護事業への熱意はあっても、経営は全くの素人で経営能力に欠ける事業者が少なくないことも要因のひとつ。

東京商工リサーチによれば、「本業不振の穴埋め」や「経営の多角化」を目指して異業種から安易に参入した業者が、経営に苦慮するケースもあるという。

人手不足が要因で破産した業者も目立つ。介護報酬がマイナス改定された影響は、徐々に経営を圧迫するだろう。
今後も「老人福祉・介護事業」の倒産は増加する可能性が高い。
by mnnoblog | 2015-11-27 08:10 | 生活
d0187477_10533089.jpg

 (Gigazine の記事より)

太っている人は高血圧や糖尿病など病気にかかりやすいと言われており、「太っていることは不健康で、やせていることこそ健康的」というイメージを持っている人も多いはず。

しかし、「過体重・肥満の人の方が長生きする」という結果を出している研究は多く存在し、「肥満パラドックス」と呼ばれています。

健康を害するはずの「太りすぎ」が肺炎・ガン・高血圧症・心臓病など数々の病気から人を守っている、という「肥満パラドックス」を支持する研究者が現在は多く存在します。

肥満パラドックスが大きな論争となったのは2012年のこと。

一般的に過体重の糖尿病患者は「インスリンの効きが悪くなる」として減量をアドバイスされることがありますが、ノースウェスタン大学のMercedes Carnethon教授が糖尿病患者のデータを調べたところ、標準体重の患者の年間死亡率は1万人あたり284.8人だったのに対し、過体重・肥満とされた患者の年間死亡率は1万人あたり152.1人であることが判明。

「やせている人よりも太っている人の方が死亡率が低い」という肥満パラドックスは確かに存在することが分かりました。

また、2013年にアメリカ疾病予防管理センターのKatherine Flegal教授とそのチームが何百という死亡率分析の結果を調べたところ、最も死亡率が低いのはボディマス指数(BMI)による肥満度が1~2に該当する人々ということが分かりました。

さらに、フランスの内分泌学者Boris Hansel教授が脳卒中や心臓発作の危険性があった5万4000人の患者のデータを分析したところ、これらの患者に最適な治療は交感神経β受容体遮断薬やスタチンを飲むことでしたが、軽度の肥満の人々は薬を服用しなくとも病気から体を守れていることが分かりました。

ウィンストン・セーラム州立大学のPaul McAuley教授が健康に関して人々に行う助言は「運動をしてください」ということ。

20年にわたって運動について研究するMcAuley教授によると、体重や健康に関する研究の多くが「運動」という要素を見落としているか、アプローチの仕方を間違っているとのこと。
肥満度よりも運動が健康や長寿に強く関わっていることを示すそうです。

BMI指数 = 体重(kg) ÷ { 身長(m) X 身長(m) }

肥満度の判定基準(日本肥満学会2000)は以下の通りです。
・18.5未満 … 低体重 やせすぎ
・18.5~25未満 … 普通
・25~30未満 …肥満度(1度)
・30~35未満 …肥満度(2度)
・35~40未満 …肥満度(3度)
・40以上 … 肥満度(4度)
です。 
by mnnoblog | 2015-11-26 08:50 | 健康
d0187477_725525.jpg

(日経新聞 の画像と記事より)

トルコ政府は24日午前(日本時間同日午後)、南部のシリア国境付近で、領空を侵犯したロシア軍機(戦闘爆撃機スホイ24)を撃墜したと明らかにした。

プーチン大統領は同日、「背後から刺されたようなものだ」と述べ、トルコを強く非難した。
「ロシアとトルコとの関係に重大な結果をもたらす」と警告した。

米国率いる有志連合と、ロシアがそれぞれ進めるシリア領への空爆が十分な連携を欠くなか発生した撃墜事件で、トルコが加盟する北大西洋条約機構(NATO)とロシアの関係が一段と緊張する恐れがある。

トルコ側の説明によると、南部ハタイ県のシリア国境付近で、ロシア軍機がトルコ領空を侵犯した。
複数回の警告にもかかわらず、退去しなかったため、交戦規定に基づき警戒飛行中のF16戦闘機2機が撃墜したという。
米軍もトルコが警告を発したことを確認した。

ロシアは9月末にシリア領での空爆を始めた。
その後、ロシア軍機によるトルコ領空への侵犯が相次いだとしてトルコ側が警告を発していた。
10月中旬にはトルコ軍がロシア製とみられる無人機を撃墜する事件もあった。

撃墜されたロシア軍機からパラシュートで脱出したとみられる操縦士2人の安否は不明だ。

ともにIS打倒を掲げてきたトルコとロシアは、もともとシリアのアサド大統領の去就をめぐって対立してきた。
ロシアは9月からアサド政権を支援するため、IS掃討の名目でシリア領内の空爆を開始した。

実際にはアサド政権と敵対する反政府勢力も標的にしているとされ、トルコのエルドアン政権はトルコ系トルクメン人も空爆されているとして不満を募らせていた。

トルコは反アサド政権で米欧などと歩調を合わせるが、IS掃討よりもアサド政権を支援するイランや、エルドアン政権と対立するクルド人の勢力をそぐことに主眼を置く。

ロシアのプーチン政権はIS対策を含めたシリア問題の収拾やエネルギー協力を進めるために中東の地域大国であるトルコとの関係修復を探っていた。
それだけに、今回のトルコ軍によるロシアの軍用機撃墜への対応には苦慮しているようだ。

トルコとの関係が決定的に悪化すれば、ロシアの対ISの空爆作戦にも支障が生じる可能性がある。

-------------------------------------------------------------------

(NHK NEWSweb の記事より)
ロシア軍の参謀本部によりますと、爆撃機が墜落したのは、シリア領内の反政府の武装勢力が支配する地域で、パラシュートで脱出した乗員2人のうち1人が地上から銃撃を受けて死亡しました。

ロシア軍は、爆撃機の乗員を救出するため、ヘリコプター2機を墜落現場付近に派遣しましたが、このうち1機が反政府の武装勢力が支配する地域から攻撃を受けて緊急着陸したということです。
その際、兵士1人が死亡し、ヘリコプターは、さらに砲撃を受けて破壊されたということです。

ヘリコプターに乗っていた兵士は、シリア北西部のラタキア郊外にあるロシア軍の空軍基地にたどりついたということで、ロシア軍は爆撃機の乗員の救出作戦を続けているとしています。

-------------------------------------------------------------

⇒11/27、Newsweek
トルコによるロシア軍機撃墜を受けて、ロシアは報復措置としてトルコへの経済制裁措置の策定に着手した。事件に関するトルコ側からの妥当な説明を待っているとしているが、トルコは領空侵犯に対する正当な対応との立場を崩しておらず、両国間で非難の応酬が続いている。

トルコは過激派組織「イスラム国」から石油の供給を受けているとロシアのプーチン大統領が指摘したことに対しては、シリアのアサド大統領、およびその後ろ盾であるロシアなどがイスラム国を資金、軍事面で支えていると反論した。

ドイツはフランスの要請を受け、シリアで展開されている過激派組織「イスラム国」に対する軍事作戦に参加する。
偵察を任務とするトーネード戦闘機や空中給油機、フリゲート艦を派遣する。

こうした直接的な軍事作戦への関与に後ろ向きだったドイツにとっては方針転換となる。
仏米ロが実施しているシリアでの空爆に参加する計画はない。

--------------------------------------------------------------

⇒12/4、Newsweek
トルコのエルドアン大統領は3日、ロシアがISISの石油密輸に関与している証拠があるとロシアを非難した。
一方、ロシアは、トルコがISを守るためにロシア機を撃墜したと主張。ISから石油を購入していたからだ、という。

いったいどちらが本当なのか。
by mnnoblog | 2015-11-25 07:24 | 国際
d0187477_1301243.jpg

 (日経新聞の画像と記事より)

中国軍の艦船が沖縄県・尖閣諸島の南方を航行したのを受け、政府内で中国軍の狙いを巡る様々な臆測が出ている。

 「貴船の航行の目的は」。海上自衛隊のP3C哨戒機は11日夕、尖閣南方を通っていた中国海軍の情報収集艦「東調855」を発見し、無線でたずねた。

中国側は明確に答えず、12日夜にようやくこの海域を離れた。

防衛省は「特異な航行」とみて公表した。
注目したのが航路だ。
尖閣南方を東から西に1往復半して西に抜けたルートが、中国が2013年に一方的に設定した防空識別圏に沿っていたという。

防空識別圏は領空に近づいてくる航空機が味方かどうかを見分けるための空域。
連絡なしに侵入し領空に近づいてくれば戦闘機による緊急発進(スクランブル)の対象にもなる。

政府関係者は「防空識別圏をなぞるように航行し、勢力を誇示しようとした」とみる。

中国外務省の洪磊副報道局長は「中国海軍の活動は国際法に完全に符合している」とし、航行目的を明らかにしていない。

日本政府内も「意図的に防空識別圏に沿って航行したかは定かではない」と真意を測りかねる。
当面は中国海軍の出方を注視し、尖閣周辺の警戒監視を強める見通しだ。
by mnnoblog | 2015-11-24 13:05 | 防衛
d0187477_9135375.jpg

 (日経新聞、化学工業日報 の記事より)

今年の10月、規制による水質保全を主眼にした「瀬戸内海環境保全特別措置法」が「きれいな海」から「豊かな海」へ、漁業や生物の多様性、沿岸の環境や景観など多面的な価値や機能を高める内容に大きく転換され、改正施行された。

赤潮対策としての「瀬戸内海環境保全特別措置法」は、1973年、瀬戸内海の水質汚濁に対応するため、化学的酸素要求量の削減目標を定めることや埋め立ての配慮を盛り込んだ時限法として成立した。

その後、冨栄養化対策などを加えて恒久法になった。
2002年には、水質汚濁防止法施行令改正で瀬戸内海で窒素とリンの総量規制を実施した。

しかし、これらの規制により海がきれいになり過ぎたためか、瀬戸内海の漁獲量は1985年をピークに減少し、現在はピーク時の4割以下になっている。

原因として、窒素とリンの総量規制で植物性プランクトンが摂取する窒素やリンなどの栄養塩の減少がノリや魚介類の生育に打撃を与えたと漁業者は見ている。

今回の改正は、「豊かな海」を目指し、藻場や干潟の再生など総合的な対策の必要性を盛り込んだものになっている。

兵庫県の播磨灘沿岸の一部下水処理場で、ノリが生育する冬季に処理基準ギリギリまで栄養塩を流す管理運転を始めた。

そのように地元では肥料添加に加えて、下水処理緩和運転やダム放水で栄養塩を増やし、豊かな海を取り戻す努力を重ねている。

ただ東京湾ではいぜん富栄養化状態にあり、規制が必要という。
自然を相手にする環境対策、一律には進まない。多くの要因の重なる温暖化対策は試行錯誤が続きそうだ。
by mnnoblog | 2015-11-23 09:12 | 環境
d0187477_17262249.jpg

 (画像はMBS毎日TVより)

11/19~22、宮崎市のフェニックスカントリークラブで開催されたダンロップ・フェニックス・トーナメントは、通算△14で宮里優作が今季初の優勝を飾った。

最終日、首位発進となった宮里優作は、前半2ボギーを叩き、一時は追いつかれたが、後半のバーディーで首位を奪え返してからは、追いすがる松山英樹と藤本佳則を振り切りツアー3勝目を勝ち取った。

前年、優勝した松山英樹は前半2連続ボギーをしてスコアーを崩したが、その後バーディ、イーグルと重ねたものの藤本佳則と同じ通算△12の2位タイで終えた。
by mnnoblog | 2015-11-22 17:42 | スポーツ

のほほんと---


by mnnoblog