私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

脳の疲労 要注意

d0187477_19115020.jpg
  (日経新聞の記事より)

仕事や生活上の疲れがなかなか取れないという人が多い。
疲労の原因は脳の神経細胞にダメージが蓄積するためであることが国内の研究でわかってきた。

なぜ疲れるのか。
長く言われていたのが「乳酸原因説」だ。
運動すると筋肉中に増える乳酸が疲労の原因という見方だが、この説は10年ほど前に否定された。

これに代わるのが「脳原因説」。
臓器の働きを調節し、体のバランスを維持する自律神経を酷使した結果が疲労だと考えられている。

自律神経系は活動時に活発になる交感神経と、夜間や安静時に活発になる副交感神経がセットになっている。
運動時には体温や心拍の調整をするため交感神経が活発に働く。
すると神経細胞内に活性酸素が大量に発生し細胞にダメージを与える。
これが疲労の原因だという。

運動による疲労のほか、長時間のデスクワークなどによる精神作業疲労や、目の眼精疲労がある。
事務作業に集中しているときは、やはり交感神経が活発に働く。
また、パソコン画面など近距離を見続けると、自律神経のバランスが崩れやすくなるという。

ただし、実際の疲労の度合いと、自分で感じる疲労感の間にはズレがあることが、疲労を把握しにくくしている。
疲労感をもたらすのは「疲労因子」と呼ばれるたんぱく質だ。
自律神経などの細胞が活性酸素によって酸化されてダメージを受けると、老廃物の増加が合図となって疲労因子が発生する。
その情報が大脳に伝わって疲労感を生む。

だが人間は、脳の働きでこのアラームを感じなくしてしまうことがある。
仕事や運動への意欲や達成感が強いと、疲労感を感じなくなってしまう。
これは「隠れ疲労」と呼ばれている。
梶本さんは「過労死になってしまう人は、疲労感を感じなくなっている場合が多い」と、隠れ疲労の危険性に警鐘を鳴らす。

疲れをためないため、どんな生活をすればよいのか。
疲労プロジェクトの代表の梶本さんによると「疲労を回復してリセットする唯一の方法が良質な睡眠を十分にとること」という。
就寝中は大脳も自律神経も昼間の重労働から解放され、疲労回復因子と呼ばれるたんぱく質の働きで、脳の疲労が回復する。

睡眠の質が悪いと、この仕組みがうまく働かない。
特にまずいのが、いびきをかいている状態。
気道が狭まった状態で無理に呼吸をしている。
血圧や脈拍を上げて酸素供給を維持しようとするので、交感神経が懸命に活動して「寝ながら運動をしている状態になっている」(梶本さん)。

疲労の原因である酸化ストレスを緩和するには、抗酸化作用のある成分を食事などでとるとよい。
抗疲労プロジェクトで疲労回復の効果を評価した。
最も効果が高かったのは「イミダゾールジペプチド(イミダペプチド)」という成分。
脳の中で作用しやすいのが特徴だ。
鶏の胸肉や豚ロース、カツオなどに豊富に含まれる。

オフィスでの仕事では、「隠れ疲労」にならないよう注意したい。
仕事中に「飽きた」と感じたら、それは脳が疲労のサインを送っている証拠。
無理に集中しようとせず、休息を入れるのがよいという。

適度な運動は疲労回復の効果があるが、過度の運動は禁物だ。
大脳の働きで達成感や爽快感が強くなり、疲労を自覚しにくくなる。
「息は弾むが切れない」程度が目安。
入浴も熱い湯に長くつかると、体温や血圧などを調整するため自律神経の疲労がたまる。
就寝1~2時間前にぬるい湯で半身浴をするのがよい。


# by mnnoblog | 2017-03-17 08:59 | 健康

不確実性増す欧州情勢

d0187477_18460084.jpg
  (ロイターの画像と記事より)

英国は今週、EU基本条約(リスボン条約)第50条を発動させ、欧州連合(EU)離脱に向けた第1歩を踏み出す。
その後、スコットランドの独立を巡る2回目の住民投票も行なわれるだろう。
今や、北アイルランドが英国を離脱して、アイルランド共和国と合流する可能性さえゼロではないという憶測が広がっている。

15日のオランダ総選挙では、ヘルト・ウィルダース党首率いる極右政党の自由党が最も多くの票を獲得する可能性がある。
主流派寄りの政党連立により政権獲得は阻まれるだろうが。

フランスでも、マリーヌ・ルペン党首の極右政党・国民戦線が、4月23日に行なわれる大統領選挙の第1回投票において第2位となることはほぼ確実だ。
ただし5月7日の第2回投票では中道派のエマニュエル・マクロン前経済相がルペン党首を破る公算が大きい。

東方、北方の欧州各国は、自己主張を強めるロシアへの懸念が広がっている。
今月、スウェーデンは2010年にいったん廃止された徴兵制の復活を発表した。
想定されるロシアからの脅威に対する防衛力強化が狙いだ。

フィンランドはハイブリッド戦争への反撃を狙いとする軍事演習を実施している。
バルト海沿岸諸国では、北大西洋条約機構(NATO)が冷戦期以来となる最大規模で部隊を配備している。

欧州統一通貨であるユーロ危機も解消していない。
実際、2008年の金融危機以来、悪戦苦闘を続けてきたユーロは、今や新たな不安定期に入りつつあるかもしれない。

早ければ6月にも予想されるイタリアの選挙において、ユーロ圏残留に批判的な政党に権力バランスが傾いたとしても不思議はない。
長年続く低成長と失業増大がユーロのせいだと考えるイタリア国民は多い。

とはいえ現状否定派が予想するほど、あらゆるものが急速に崩壊しているわけではない。

ドイツでは、なるほど極右政党の「ドイツのための選択肢」が、強い不満を抱えた旧東独地域を中心に急速に成長している。
だが、同党が9月の連邦選挙において確かな政治権力をつかむ可能性は依然として低い。

これは、欧州の極右がどれほど苦戦しているかを思い起こさせる。
確かに、英労働党の長引く苦境など、欧州の左派は依然として混乱している。
それても、本格的な右派と呼べる政権が支配する国は、欧州ではハンガリーとポーランドだけだ。
その2カ国の右派政権でさえ、往々にして、多くの人が楽勝と考えていた戦いで苦戦してきたのである。

欧州は解体しつつあるわけではないにせよ、半恒久的な危機状態にあるように見える。

問題の大半はリーダーシップにあるように思われる。
国家と地域の双方レベルで、欧州指導者は、信頼性、支持率、そして(最悪なことに)政治的な正統性という点で危機に直面しているように見える。

ロシアのプーチン大統領は、こうした欧州の不安定な状態に喜び勇んでつけ込んでくるだろう。

欧州と米国双方の国家安全保障部門の主流派には、ロシアによるシリア介入は、部分的には、難民危機を煽ることで欧州政界をギリギリまで圧迫しようという意図によるものだという考えが多く見られる。

米国の情勢は、こうした欧州の不確実性に拍車をかけたと言える。
トランプ大統領が先月、ロイターとのインタビューで、EUとその機構に対する支持を表明したことは、一部の欧州ウォッチャーを驚かせた。

米国外交担当者の主流派の多くはこうした見解を共有している。
欧州解体がもたらす結果を恐れているだけかもしれないが。
しかし、トランプ大統領の周辺には、特にスティーブ・バノン首席戦略官などのイデオロギー信奉者のように、EUを自分の世界観における邪魔者と見なして、その失敗を心待ちにする者もいる。

ロッテルダムでのトルコ系住民集会に参加しようとしたトルコ閣僚の入国をオランダ政府が拒否したことで、トルコとオランダ両政府の対立は激化している。
トルコのエルドアン大統領はオランダ政府をナチスに例えるまで関係が悪化しているが、これによりオランダ総選挙でのウィルダース自由党党首への支持はいっそう高まると見られている。

真の問題は、こうした話が完全に自己実現的なものになるかどうかだ。
今のところ、欧州の機構には明らかな崩壊の兆しが見られる。
だがその抵抗力は、少なくともこれまでのところは、依然として印象的だ。

現在、圧力を受けているEUやNATO、統一通貨、及び各国の基本的な政治制度や仕組みは、不完全なものだ。
だが、いくつか目をみはるような成果も挙げてきた。
特に60年以上にわたって欧州大陸で平和を維持したこと、そして(少なくとも、大体において)効果的な福祉と人権を住民に与えてきたことである。

欧州のリベラルな民主主義は、往々にして偽善的であり、ときには無力だ。
だが、EU諸国の市民はおおむね、ここ数十年にわたって、特に国家権力の暴走など、いくつかの非常に悪い事態を味わうことなく過ごしてきた。

欧州は確かに、他者を暖かく迎え入れる大陸ではなくなりつつある。
特にセルビアなどEUの境界に位置する国で厳しくなる一方の状況に置かれている難民はそれに気づいている。

状況がこの先どうなっていくかは予想しがたい。
欧州統合の仕組みが最善の希望ではあるが、各国が自らを防衛するという点において独自の動きをとるとしても、それを責めることはできない。

欧州は何とかして、事態が見かけほど悪くはないことを自らに納得させ、今後に向けて何か楽観的な針路を見つけなければならない。
さもなければ、誰も思い描きたくないほどひどい状況へと陥っていく恐れがある。


# by mnnoblog | 2017-03-16 08:45 | 国際
d0187477_11054724.jpg
  (マネーの達人の画像と記事より)

今年1月に総務省から「平成28年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食品を含む総合指数)が公表され、これを踏まえ平成29年度の年金支給額が改定となります。

また、現役世代が支払う年金の保険料も改定となります。
どのように改定されたのか見ていきたいと思います。

『平成29年度の年金保険料は引き上げられます』

平成16年の改正で年金に関わる保険料が、平成22年度から平成29年度まで毎年段階的に引き上げることが決定されて実施されています。

『国民年金保険料』

前年の物価の変動や賃金の変動によって増減することになり、その結果、平成29年度(平成29年4月から平成30年3月)は1万6,490円となりました。

『厚生年金保険料』

平成29年9月より18.3%(会社・被保険者折半負担)となり保険料が引き上げとなります。

『平成29年度の年金支給額は減額されます』

平成29年度の年金額は、「前年度比0.1%引下げ」となります。
本来、年金支給額の決定には「マクロ経済スライド」といわれる仕組みが使われ年金額の支給が決定されます。
しかし、「マクロ経済スライド」はデフレ時期には適用しないとされているため平成29年度にも引き続き適用はされません

「マクロ経済スライド」とは

社会情勢(現役人口の減少や平均余命の伸び)などに合わせて、年金の支給額を自動的に調整変更するものです。
そして、昨年12月の臨時国会で成立した「年金制度改革関連法」で、支給額を更に調整する仕組みが盛り込まれました。
平成33年度から実施となりますが、物価が上がったとしても、現役世代の賃金が下がれば年金の支給額を減らす仕組みとなり、現役世代の負担を重視しています。

現在の年金額は…

総務省が発表している「平成28年平均の全国消費者物価指数」をもとに算出されており、前年より0.1%下落しているため、その内容が年金額に反映されています。
例えば、平成29年度の国民年金の支給額は、満額で月額6万4,941円となり、前年度より67円減となります。
また、厚生年金の支給額は、モデル世代(会社員であった夫と専業主婦)の夫婦2人分の年金月額で月額22万1,277円となり227円減となります。
平成29年度の年金額による支払いは、4月分の年金が支払われる6月からとなります。

現役世代の今後の生活設計として

国から支給される年金額では老後の生活は決して楽ではないと感じたはずです。
ただ、国が支給される年金は支給開始がされればご自身が亡くなるまで生涯支給されます

「個人年金」を賢く活用

国から支給される年金以外にも各保険会社が販売している「個人年金」をかけることにより老後の支給される年金額を増額できるので検討をしてみるとよいでしょう。
「個人年金」で支払った保険料は、会社で行われる年末調整や各自が行う確定申告で生命保険料控除を受けることができます。(一定金額の所得控除を受けることができます。)
そして、マイナス金利の影響により今年4月加入分から各生命保険者会社は、保険料の改定や保険商品の売止めなどを行います。
3月中に利回りの良い「個人年金」を選んで加入するのもひとつの手だと思いますので、3月中に「個人年金」の加入を検討してみるのもよいでしょう。



# by mnnoblog | 2017-03-15 08:05 | 生活
今、国産のスニーカーブランドがじわじわ来ていることをご存知でしょうか?
ハイテクやレトロといった枠にも収まらない<>のオーセンティックなスニーカー。
「実は日本には世界に誇るスニーカーブランドがある!」ということが一目で分かるような「かっこいいブランド」を、独断と偏見に基づいて紹介していきます。

  (NAVER まとめ の記事より)

★「ムーンスター」
d0187477_19011267.jpg
1873年に創業者・倉田雲平が立ち上げた「つちやたび」。これがムーンスターの原点。
2006年には、さらなる海外展開とムーンスターブランド価値向上を目的に、現社名「株式会社ムーンスター」に変更した。
熟練の職人さんたちの手作業と、窯の中で加熱・加圧されて生まれる【Made in KURUME】のスニーカーは、丈夫でゆがむことがなく、ずっと美しいシルエットを保ったまま履き続けることができます。

★「Doek(ドゥック)」
d0187477_19014630.jpg
アッパー生地に使用されるのは、久留米絣の織機で織られる帆布で、NAVYカラーは糸からの藍染めにより、履き込むたびに経年変化を味わえるものとなっています。
福岡県久留米市にある140年続く履物メーカーから生まれたブランド。
フットベット(中敷き)には天然の通気性をもつコルクを採用し、美しいバルカナイズ製法で久留米・ムーンスター工場で作られます。

★「YOAK(ヨーク)」
d0187477_19021245.jpg
YOAK(ヨーク)は東京でクリエイティブ、生産を行うフットウェアブランドです。
プロダクトは半世紀以上東京に存在する靴製造ファクトリーで作られており、最高峰のクオリティを約束します。
丁寧に本革で作られたスニーカーは、革でしか感じることができない生命力や、月日と共に自身の足に馴染んで行く経年変化(エイジング)を楽しむ事が出来ます。

★「blueover(ブルーオーバー)」
d0187477_19023938.jpg
日本の技術や伝統に敬意を払いながら80年代以降の新しいエッセンスを加えた「blueover (ブルーオーバー)」のスニーカー。
「シンプルなスニーカー」というとよくある売り文句ですが、これ以上突き詰めたモノはなかなか無いと思います。
今回紹介するのは「blue over」という日本のスニーカーブランドです。

★「ORPHIC(オルフィック)」
d0187477_19031700.jpg
オルフィック(ORPHIC)は日本のシューズブランド。
長時間使用しても疲れづらく、履き心地がとても良い、シーンを選ばないニュートラルなシューズ作りを目標にしている。
ユニークな靴作りを心掛けており、 ローファーからスニーカー、ウイングチップからランニングシューズまで 他では見つける事が出来なかった、洗練された独自のシューズを展開しています。

★「panther(パンサー)」
d0187477_19054627.jpg
1970年代を席巻したスポーツシューズブランド「panther(パンサー)」。
1970年代には全国の学校指定靴として採用され、子どもたちのあいだで一大ムーブメントを巻き起こしたからだ。

★「buddy(バディ)」
d0187477_19040499.jpg
『バディ』は大阪の靴や鞄を手掛けるファクトリーが、2011年に設立したブランド。
日本国内だけでなく、すでにロンドンやパリ等海外のセレクトショップでも高い評価を得ている。

★「AREth(アース)」
d0187477_19255343.jpg
001年よりシンプルかつオリジナリティのあるデザインを追求し、履き心地の良い素材や質感、耐久性の高さにこだわり、飽きの来ない長く愛される物をと、自分達の考えるライフスタイルに合う、より地に足のついた”あしもと”の提供を目指しています。
日本人に多いといわれる甲高・だんびろ・扁平足でも、ストレス無く履ける足形と、優れた運動性・軽量性を誇るフットウェア。


# by mnnoblog | 2017-03-14 08:00 | 産業
d0187477_19241864.jpg
  (NAVER まとめ の記事より)

「仕事中に何回休憩を取りますか?」という質問に対する回答のうち、最も多かったのは「1回」で32%。
これに、「2回」(21%)、「3回」(20%)が続いた。
「休憩は取らない」と答えた人は10%。

心理学者は、学習後における短期間の休憩期間が、人の記憶を助けることを見つけました。
学習タスクの中で、その後に小休止を取るグループは、直後に休みなく別のタスクを与えられたグループに比べ、より良く覚えた内容を思い出すことができた。

ある新しい研究では、物語を読んだ後の10分休憩が、7日後のその内容の記憶にどう影響を与えるかが調査された。

読んだ後に10分休憩を取ったグループは、7日後の記憶が向上していた。
練習による成長や記憶の定着が実感できるまでには、少々のタイムラグが生じる。
勉強中に休憩を取らないとどうなってしまうのかというと、記憶力の低下を招いてしまいます。

オーバーワークが問題視されたりしますが、勉強にせよトレーニングにせよ現代の常識では「ある程度練習したら、きっちり休憩することが絶対の義務」。

一般的に、人間に休憩が必要な時間とは90〜120分以上の作業を集中して行う場合だと言われています。
どんなに訓練を積んでも、1日のうち集中できるのはせいぜい4時間程度。

最新の研究によれば、「52分間の作業と、17分間の休憩」の繰り返しが、最も生産性が上がることが明らかに。

職場事情において17分間の休憩を取ることが難しいのであれば、5分〜10分程度の短い休憩を度々挟むようにすることでも、生産性の向上や健康維持に効果がある。


# by mnnoblog | 2017-03-13 08:23 | 社会

のほほんと---


by mnnoblog