私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

アラブ諸国の反政府デモ

反政府デモの動き(2/21、日経新聞より)
d0187477_9245180.jpg

アラブ諸国で反政府デモが起こり、日本はエジプトでの原子力発電の国際入札、チュニジアでは太陽熱発電の協力事業を行う事になっていたが、現時点で停止状態になっている。

アラブで起こっている反政府デモは、長年の独裁政治に対する反発と食糧価格の高騰や高い失業率が背景にあると言われている。

イスラム社会のアラブ諸国が、自由諸国並みの民主化に進んで行くのか、またはイスラム原理主義の台頭となって行くのか、全く先は見えない。

しかし、今回の政変で再び強権国家へ戻る事は無いだろう。
政変が変わった後には、アラブ諸国から自由諸国に対して、これまで以上の経済協力が求められてくると思われる。

その様になった場合、石油資源の確保のために、日本はどこまで協力できるだろうか?

各国の反政府デモの状況は次の通りです。

チュニジア:
大卒の若者が政府に抗議の焼身自殺をしてから、その抗議が一般市民へ飛び火して、1/15に23年間もの強権支配を続けたベンアリ大統領は、サウジアラビアへ逃亡した。
その後、ムバッザア暫定大統領が職務を行っているが、前大統領関係閣僚への抗議デモが続いている。
2009年の対チュニジア貿易額:輸入(クロマグロ等)135億円
               輸出(自動車等)80億円

エジプト:
チュニジアの政変の影響を受け、1/19アラブ経済サミットがエジプトで行われ、ムバラク大統領は、“雇用創出につながる経済成長に全力を挙げる”としたが、時すでに遅く、30年間にわたる強権政治に反対した市民のデモにより、2/12にムバラク大統領は辞任した。
現在は軍の最高評議会が、全権を掌握しているが、軍が政権を担う事はせず、あくまで暫定的な措置としている。
また、対イスラエルには平和条約を維持するとしている。
2010年の対エジプト貿易額:輸入(天然ガス等)404億円
              輸出(自動車等)1274億円

リビア:
41年以上もの独裁体制を敷いて来たカダフィー政権は、現在存続の危機に直面している。
2/20、カダフィー大佐の後継者と目されている次男は、「内戦の危機にある」とTVで警告した。
抗議デモにより、治安部隊との衝突で230名程の死傷者が出ていると云う。
2009年の対リビア貿易額:輸入(クロマグロ等)2億円
             輸出(自動車等)225億円

バーレーン:
少数王家のスンニ派に対して大多数のシーア派がデモを起こしており、スンニ派とシーア派の衝突となっている。
隣国スンニ派のサウジアラビアとしても無視できない動きとなっている。
2009年の対バーレーン貿易額:輸入(石油製品等)524億円
               輸出(自動車等)436億円

イエメン:
20年余にわたり独裁政権を維持しているサレハ大統領の退陣を求めるデモが起こっている。
アラブ諸国の中でも国民の半数が貧困層で失業率は30%を超えている。
2008年の対イエメン貿易額:輸入(石油等)3.7憶ドル
              輸出(自動車等)17億ドル

アルジェリア:
1/初旬より、ブーテリカ大統領の退陣を求める民主化デモが各地で起こっており、2/13は大規模なデモとなり、1000人が拘束されたとの情報である。
2009年の対アルジェリア貿易額:輸入(液化ガス等)160億円
               輸出(自動車等)672億円

イラン:
2005年にアハマディネシャド大統領が就任したが、最高指導者はハメネイ師が国政全般を決定する権限を持っている。
エジプト政変の影響を受け、反政府デモが起こっている。
シーア派が大多数を占めており、政府はバーレーンの動きに神経を尖らせている。
2007年の対イラン貿易額:輸入(原油等)127.4憶ドル
             輸出(一般機械等)13.3憶ドル

その他、モーリタニア、ジブチ、ヨルダンでも規模の大小を問わず反政府デモが起こっている。

また、周囲をアラブ諸国に囲まれたイスラエルは、イランと核問題で対抗している中、今回イラン軍艦がスエズ運河を通過してシリアへ向かう動きを警戒しており、イランに対して「挑発行動だ」として、強い態度で臨む姿勢を取っている。

一方中国では、当局がネット規制や集会規制を行っており、強固な監視網を張り巡らして民主化への動きを封じ込めようとしている。

北朝鮮では、この機に乗じて、3度目の核実験を行う準備をしており、国際社会からの援助を得るため危機を煽ろうとしている。

この様な情勢の中で、昨日の国会では「政治と金の問題」の質疑応答が行われていた。
本当に日本の政治は、何かズレているのではないかと思わざるを得ない。
# by mnnoblog | 2011-02-22 09:57 | 国際
MEMORO(Google imagesより)
d0187477_10552269.jpg

2007年、イタリアの若者が立ち上げた「記憶の銀行」が今世界に広がっている。
その名を「MEMORO」という。

「MEMORO」はエスぺラント語で“記憶”を意味している。

「記憶の銀行」は“お年寄りの話を未来に残そう”と、60歳以上を対象に、記憶に残る話―生活、恋愛、思い出など―をビデオカメラに撮影しながら聞き取り、ウエッブ上でアーカイブ化している。

活動はアメリカ、南アメリカ(4カ国)、ヨーロッパ(7か国)、カメルーン、日本と広がりを見せている。

日本事務局の富田直子さんは「大好きだった祖父の人生を、私は何も知らないまま祖父は逝ってしまいました。インターネットの普及により、特別の人だけでなく、一般の人々の貴重な記憶を次の世代に繋げて行きたい」と語っている。

また、「是非、皆様の周りにいる60歳以上の方の記憶を、一本5分位の動画に収めて、「記憶の銀行」のウエッブサイトにアップロードして下さい。貴重なお話から、私たちが学べる事は沢山あると思います」
(2010年10月、DIAMOND onlineの記事より抜粋)

若い人へ何か自分が伝えたい事があれば、下記をクリックして見てはどうでしょうか?
 
 MEMORO International
  MEMORO Japan
# by mnnoblog | 2011-02-20 11:10
もやに包まれた国会議事堂
d0187477_620191.jpg

1月下旬、胡錦濤中国国家主席が米国を訪問し、オバマ大統領と会談した。
その時、中国が一番固執したのは、自分たちの「核心的利益」を米国が認め、尊重する事だったと云う。

「核心的利益」とは他国には譲れない勢力圏、例えばチベットや台湾だけでなく南シナ海を含めた領有権の保全を米国に求めたとされる。

米国は首を縦に振らず、議論は数十時間にも及んだと云う。

中国が本気でそうした野心を抱いているなら、世界は無関心ではいられない。
米中会談後、米欧を中心とする政府高官や専門家、ジャーナリストがストックホルムに集まり、中国を巡って非公式の会議が開かれた。

議論されたのは次の4つの長期シナリオだ。
1、中国主導のアジア。
2、アジア共同体の成立。
3、米主導の秩序の維持。
4、覇権国なき群雄割拠。

そこで話題になったのが、日本の進路だった。
日本は米国との同盟を強め、米軍によるアジアへの関与を支えていくのか。
日本が日米同盟を弱めるなら、アジアは中国圏に染まるか。
日米中ロインドがせめぎ合う「群雄割拠」の危うい時代に近づくのか。

会議は日本論で盛り上がったとされる。
この様な状況にもかかわらず、コップの中の嵐に揺れる日本の政治家たちは、そんな切迫感を抱いていないようだ。

以上の記事は2/13の日経新聞「風見鶏」からの抜粋である。

2/17、民主党の小沢派の若手議員16名が、「会派離脱」を要請した事で、民主党内部の分裂が明らかになった。
管総理にしてみれば、足元をすくわれた感じであろう。

これで予算成立関連法案が成立しなくなれば、「国民の生活が第一」と掲げた民主党のスローガンはいったいなんだろう。
もし、彼らが予算成立の法案に反対するようになれば、国民生活を無視した行為は許されるものではない。

隣国中国の怪しい動き、北朝鮮の新しいミサイル基地、荒れ狂う中東情勢。
日本の政治はこれで良いのか。

政策の理想を追うだけでなく、現実を見つめて国の将来をしっかりと定め、世界の動きに注視した政治が出来ないものなのか?

今回、予算は何とか成立させたとしても、その後、管総理は辞任して内閣総辞職、民主党総裁選び、新内閣の立ち上げとなるのか。

それとも、野党からの突き上げで、解散、総選挙になってしまうのか。
いずれにしても、我々はどの政党を支持すれば良いのか------。

恐らく、総選挙となれば、連携の新政党が出てくる事も考えられる。
新しい政党が出てきても、その政党に国を任せられるのか?

この様なドタバタ政治では、世界からバカにされるだけである。
この様な事にならない様、現政治家の賢明な対応に期待するばかりである。
# by mnnoblog | 2011-02-19 07:13 | 政治
「一過性脳虚血発作」の症状
d0187477_11213890.jpg

長嶋茂雄さん、西城秀樹さん、坂上二郎さん---。
ここ数年、著名人が脳梗塞で倒れるケースが目立っています。

長嶋さん、坂上さんは60代、西城さんは40代で発症。他人事では無いなと思うこの頃です。

「脳梗塞」は、突然、大きな発作を起こすと思われていますが、実は前触れがあります。
それが「一過性脳虚血発作」というもので、「脳梗塞」と同じ症状が出て、短時間で消えるものです。

放置しておくと、本格的な発作を起こす危険性が高くなると言われています。
「脳梗塞」を予防する為にも、この「一過性脳虚血発作」をしっかりキャッチして、きちんと治療をする事が大切です。

「一過性脳虚血発作」は、いったん脳の血管に血栓が詰まり、その後、血栓が融けて血流が復活するのが特徴。
一時的な半身のまひや手足のしびれ、ものが二重に見える、言葉が出てこないといった、「脳梗塞」と同じ症状が一時的に出るが、血栓が融ける事で、24時間以内に症状は無くなる。

「多くの場合、2~15分で元通りになる」ので、症状を自覚しても、専門医に受信する人は4人に1人程度。
症状が治まったので、問題ないと放置する人が多い。

しかし、一時的にしろ、脳の血管に血栓が詰まるのは、「血管が狭くなっている証拠」なので、症状が治まったからといって、そのまま放置していると、本格的な「脳梗塞」の発作につながる可能性があるので、「一過性脳虚血発作」が出たら、専門医に診てもらうのが。「脳梗塞」を予防する事になる。

また、「脳梗塞」の権威である眞田クリニック(東京・池上)の眞田祥一院長によれば、「脳梗塞」の初期には、「隠れ脳梗塞」と呼ぶ、ごく微小な梗塞が見られる事があり、動脈硬化が進むにつれてこの「隠れ脳梗塞」の数や大きさも増して、やがて本格的な「脳梗塞」になって行くと言われる。

この「隠れ脳梗塞」も殆ど自覚症状は無いそうです。

そこで、眞田先生が勧める「自分で出来る『隠れ脳梗塞』発見法」をひとつ紹介しましょう。

紙に幅5ミリ間隔で「5周の渦巻き」を書きます。
次に、違う色のペンで、書いた渦巻きの間を、もう一度、先に書いた渦巻きに沿って「新たな渦巻き」を先に書いた渦巻きに触れない様に書き加えます。

この時、先に書いた線に触れたり、はみ出したりするような箇所が2カ所以上あったら、「隠れ脳梗塞」の疑いありです。
その時は、念のため専門医に相談されたらいかがでしょうか。
(この記事は、2007年SANSPO.CMと2009年DIAMOND onlineから引用しました)
# by mnnoblog | 2011-02-18 11:25 | 健康
もの忘れ(Google imagesより)
d0187477_12332560.gif

記憶力の低下は、なぜ起こるのでしょうか?

人が何かを思い出そうとする場合、「×××を思い出せ」という命令を記憶の回路に送りますが、その命令には電気的な信号が必要になってきます。

しかし、電気的な信号が弱いと、命令は直ぐに記憶の回路にアクセスできません。
こうなると、思い出すと云う行為が思い通りになりません。

年を重ねて行くと、その電気的な信号が弱まって来るのです。

しかし、思いだしたい事が、それに関連した事を考えて行く内に、思い出す事があります。
思いだそうとする行為から、それに関連した信号が送られ、その信号が思いだしたい回路に入って、思い出したい事を引きだす事が出来るのです。

特に、人の顔は思い出す事が出来ても、その人の「固有名詞」は思い出せない事があります。

脳は人を識別する時、その人の顔形をまず識別して記憶して行きます。
顔形を識別する集中力の方が、より多くの信号を使って記憶して行きますが、「固有名詞」と関連して記憶する方の信号はそれより弱くなるようです。

従って、脳が記憶する時の集中力がその差となって、顔形は思い出すが、「固有名詞」は出てこない事が起こるのです。

これが「もの忘れ」の実態です。記憶を失った訳ではないのです。

年齢を重ねると「脳内検索エンジン」が低下しただけで、記憶喪失とは違うものなのです。
(この記事は2008年のダイヤモンド・オンラインから一部引用しました)
# by mnnoblog | 2011-02-17 12:35

のほほんと---


by mnnoblog