私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ
d0187477_19281829.jpg
  (JIJI.COMの記事より)

石油大国サウジアラビアのサルマン国王が12日に訪日する。
アジア歴訪の一環で、サウジ国王の訪日は46年ぶり。

閣僚や企業幹部など同行者は1000人以上とみられる。
石油依存経済からの脱却を目指すサウジに対し、政府は官民挙げてインフラや医療、観光、再生可能エネルギーなどさまざま分野での協力を促進。
商機拡大や石油の安定確保につなげたい考えだ。

13日の安倍晋三首相との首脳会談では、投資やエネルギー、文化など多項目の協力プランを決定。
14日には閣僚級会合やビジネス交流会も開かれる。

昨年9月、安倍首相は訪日したムハンマド副皇太子との間で脱石油での協力に合意。両国は翌10月にリヤドで閣僚級会合も開き、協力の具体化を進めてきた。

サウジは近年の原油価格低迷を背景に財政状況が悪化。
石油輸出に頼らない経済構造への転換を急ぐ。
昨年春には改革プラン「ビジョン2030」を策定。
投資国家への移行や産業多角化、雇用創出に取り組んでおり、産業技術や人材育成などで日本への期待も大きい。

一方、日本にとってサウジは最大の原油供給国で、輸入の3割超を依存する。
国王訪日を機に、「成長戦略と相乗効果を発揮する関係を構築したい」(世耕弘成経済産業相)と互恵関係への発展をもくろむ。

サウジは世界最大規模の政府系投資ファンドの設立に向け、国営石油会社サウジアラムコの株式上場で巨額の資金調達を計画している。
政府は東証への上場も働き掛ける。


# by mnnoblog | 2017-03-12 08:26 | 産業
d0187477_10165658.jpg
  (日経新聞の画像と記事より)

どの指導者にとっても、国民の命にかかわる決断ほど、重いものはない。
その意味で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)から自衛隊を撤収するという安倍晋三首相の決定は、極めて大きな政治判断だ。
そこから教訓をくみ取り、次に生かさなければならない。

その核心とは、安全が確実に保証されるPKOなど存在しない、という世界の現実だ。
日本が国際貢献として自衛隊の派遣を続けていくなら、まずこの点を肝に銘じ、準備を整えるしかない。

日本のPKOは、イラクのクウェート侵攻を受けた1991年の湾岸戦争がきっかけだ。
国連決議を踏まえて多国籍軍がつくられたが、日本は自衛隊を出さず、資金協力にとどめた。
中東の石油に頼っているくせに、平和のために汗を流さず、何でもお金で済ませようとする――。
こんな批判を海外から浴びた日本は、92年からPKOに参加するようになった。

だが、武力行使を禁じた憲法9条の制約上、戦闘につながる任務に自衛隊を送ることはできない。
このため、「紛争当事者間の停戦合意」などを条件としたPKO参加5原則を定め、危ないところには送らない活動に徹しようとしてきた。

こんなガラス細工の活動はすでに限界にきている。
世界の紛争は国家同士ではなく、対立する武装勢力によるものが少なくないからだ。
南スーダンはこれに当たる。
13年、中東・ゴラン高原のPKOから日本が撤収を強いられたのも、シリアの内戦が原因だった。

こうした戦いは、本当に「停戦」が存在するのかどうかも判断がつかず、「戦闘地域」の線引きもあいまいだ。
PKOに伴う危険は大きくなっていくとみるべきだ。

それでも資源を持たない日本には「ジャパン・ファースト」を決め込み、自分の殻に閉じこもる選択肢もない。

ならば、戦闘に巻き込まれる危険も想定しながら、PKOの法制度と自衛隊の体制をこまめに点検し、改善していかなければならない。
今回のてんまつは、そのための貴重な目覚まし時計だと受け止めるべきだ。


# by mnnoblog | 2017-03-12 08:16 | 政治

日米株価 格差の背景

d0187477_12182295.jpg
  (日経新聞”一目均衡”の記事より)

ダウ工業株30種平均が最高値の更新を続ける米国株式市場と、上値の重さが鮮明な東京株式市場。
両者の格差の背景には何があるのか。

トランプ大統領が掲げる米国第一主義の政策だけではない。
個別企業に目を向けると、既存の技術やビジネスモデルを破壊するほどのインパクトを持つ技術革新(イノベーション)の厚みの差が浮かび上がる。

米インテュイティブサージカルが開発した手術支援ロボット「ダヴィンチ」が世界の医療業界に旋風を巻き起こしている。
体に開けた小さな穴からアームを体内に入れ、医師が遠隔操作で腫瘍などを切り取る。
患者の負担は低く、同社によると2016年の手術実績は約75万件に達し、日本でも実績が増えている。

ロボット本体の導入費用を低く抑える代わりに、手術のたびに交換が必要な消耗品で稼ぐ「カミソリ型」の事業モデルを採用する。

唯一無二の技術と安定した現金収入が評価され、株価は連日で最高値を更新、過去10年で約7倍になった。
時価総額は288億ドル(約3兆3000億円)とファナック(約4兆6000億円)に迫りつつある。

アクサ・インベストメント・マネージャーズでロボット関連ファンドを運用するトム・ライリー氏は「医療機器は政府の認可が必要で、新規参入が難しい。
成長の確実性を考えると株価は割高ではない」と話す。

ニューヨークに上場するイスラエルのモービルアイも急成長企業の一つ。
同社の自動運転技術は日産自動車が昨年販売した新型「セレナ」に採用された。
圧倒的な画像処理技術で自動運転の台風の目となり、上場から2年半にして時価総額は約100億ドルに達した。

UBSは、産業用ロボットなどを含むオートメーション市場が16年の1560億ドルから2020年には2093億ドルに拡大すると予想する。
年率では7.6%の高成長だ。

日本でもファナックやキーエンス、安川電機などの株価は上昇が続く。
ただ産業用ロボットは誰もが注目する巨大市場だけに、中国が国策として企業を強力に支援するなど参入が増えている。
既存技術の改良だけでは日本企業の中長期的な利益率は低下しかねない。

かつてソニーや任天堂など日本企業は世界初の製品で世界をあっと驚かせ、投資家からも称賛を浴びた。
世界中でブームを引き起こしたこうした技術革新は、日本から絶えて久しい。

ライリー氏は企業がイノベーションを生み出す条件として「多額の研究開発投資に耐える強固な財務基盤と長期視点の株主の存在」を挙げる。
日本企業は株主から批判されるほど現金をため込む。外国人株主は増えたが取引先銀行など「もの言わぬ株主」も多い。

日本企業にはイノベーションを生み出す条件も経験も整っている。
株式投資家は経営者が果敢にリスクに挑み、果実を手に取ることを渇望している。
そうすれば米株に出遅れる日本株の評価も変わるはずだ。


# by mnnoblog | 2017-03-11 08:17 | 経済
d0187477_12503522.jpg
  (日経新聞の画像と記事より)

韓国の憲法裁判所は10日、国会が可決した朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追を妥当と認定し、大統領は即時失職した。

朴氏が友人に便宜を図った行為を法治主権違反と認定した。
大統領の罷免は韓国の憲政史上初めて。

5月に大統領選を実施し、次の大統領を決める。
それまで黄教安(ファン・ギョアン)首相が大統領代行を続けるが、韓国は外交や安全保障などで課題が山積しており政情混迷が一段と深まりそうだ。

弾劾は憲法裁判官8人の全員一致で認定した。

憲法裁は、朴氏が友人の崔順実(チェ・スンシル)被告の利益のために大統領の地位と権限を乱用したと認定した。
崔被告が実質支配した財団の資金集めに朴氏が協力し企業の財産権と経営の自由を侵害したほか、国家機密を含む大統領文書を流出させた行為が国家公務員法の守秘義務違反にあたるとした。

李貞美(イ・ジョンミ)所長代行は弾劾認定の理由について「大統領の行為は否定的な影響が重大だ。
罷免することで得られる憲法守護の利益が圧倒的に大きい。
大統領の違憲・違法行為は国民の信任に対する裏切りにあたる」と説明した。

韓国憲法は大統領が罷免された場合、60日以内に大統領選を実施すると定めている。
直近の世論調査では、革新系の最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表が、次期大統領を巡る支持率で他の候補を大きくリードする。


# by mnnoblog | 2017-03-10 12:54 | 国際
d0187477_10105296.jpg
  (TABIZINE の画像と記事より)

私たちは生きている限り、必ず壁にぶち当たったり、自分を見失ってしまうタイミングがありますね。
そんな時、出口のない迷路に迷い込んでしまったような気分になるものです。

ぱっと答えが出ればどれだけ楽なことでしょう。
しかし、そんなに簡単に物事が進まないところも人生なのです。
そんなあなたに、ちょっとでも背中を押してくれる「旅にまつわる名言」を集めてみました。

★変化を恐れているあなたへ


危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ。」
   シドニー・ポワチエ(米国の映画俳優、監督)

旅の過程にこそ価値がある。」
   スティーブ・ジョブス(アップル社の共同設立者の一人)

人は変化を恐れる生き物です。
自分の生きやすい場所や環境に囲まれ、自分を楽な状態に置きたがるものです。
変化を起こし、失敗するかもしれないと怖がる気持ちがある一方で、「変わらなければいけない」と自覚している方が多いはず。

しかし、世界の偉人たちは私たちに「変化することを恐れるな」というメッセージを多く残しています。
まずは、小さな行動から起こしてみませんか?一歩前に進むだけでも良いのです。

自分を探している人へ

人生は往復切符を発行していません。ひとたび出発したら、再び帰ってきません。」
   マロン・ロラン(フランスの作家)

発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。」
   マルセル・プルースト(フランスの作家)

新しい自分に出会いたいとき、旅に出る人も多いのではないでしょうか。
どんな旅でも必ず価値があるものだと、多くの偉人達も語ります。
しかし、旅をしたからと言って「自分探しの答えが出る」というわけではありません。

旅を通して、新しい環境で新しい経験をし、私たちは今までの自分の価値観や考え方が、人生の軸ではなかったのだと発見できることでしょう。
そして、新しい目線で物事を理解できるようになることになるのです。
新しい自分の物差しを糧に、自分自身の人生を決定していくことに意味があるものです。

自由になりたい人へ

旅は人間を謙虚にします。世の中で人間の占める立場がいかにささやかなものであるかを、つくづく悟らされるからです。」
   ギュスターヴ・フローベール(フランスの小説家)

終着点は重要じゃない。旅の途中でどれだけ楽しいことをやり遂げているかが大事なんだ。」
   スティーブ・ジョブズ(アップル社の共同設立者の一人)

今いる生活の中、息苦しさを感じていませんか?
毎日をただ生き抜くことだけに精一杯になっていませんか?

もしかしたら、旅に出て日常生活から一旦離れてみることで、自分の悩みがどれだけ小さなものだったのかと、気が付けるきっかけになるかもしれませんね。
今までとは違う角度から、自分の自由について考えてみるチャンスでしょう。

たとえ今いる環境自体変わることはなかったとしても、あなたのマインドさえ変わることが出来れば、今までの見え方とは全く違うものになるでしょう。
それこそが、思考の変化による大きな収穫なのです。

強くなりたい人へ

親が死んでも子供が一人で生きていけるよう、厳しく接するのも愛情。可愛い子には旅をさせよ。」
   美輪明宏(日本のシンガーソングライター、俳優、演出家)

大きな旅立ちというものは、書物の、第一行の文章のように、重要なものなんだよ。その一行が、この一瞬が、すべてを決定づけるんだ。」
   トーベ・ヤンソン(フィンランドの画家、小説家、ファンタジー作家、児童文学作家)

偉人たちの残すメッセージには、よく「勇気」という意味を含むものがあることも特徴です。
子供のころはよく「勇気」という言葉を使っていましたが、大人になるにつれてこの言葉から遠ざかってしまうことも事実ですね。

ちょっとだけ勇気をだして、自分の運命を切り開いてみませんか?
あなたの人生は、何物でもないあなたのものなのですから。


# by mnnoblog | 2017-03-10 08:09 | 生活

のほほんと---


by mnnoblog