私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ
d0187477_02285676.jpg
  (Forbes の記事より)

慈悲の心を一切持たないマシンが、マシンの判断だけで次々と人を殺す──「完全自律型AI兵器」が実現した未来を想像してみてください。

まさに背筋が凍ります。
しかし、世界がこうした兵器の開発を止めない限り、それはそう遠くない未来の現実です。

「キラーロボット(殺傷ロボット)」として知られる完全自律型AI兵器。

人間による人道的・倫理的判断を介さずに、自らの判断で標的を定め、人を殺傷することができる人工知能を搭載したロボットのことで、米国・中国・イスラエル・韓国・ロシア・英国などを含む、十数カ国以上が開発中です。

ヒューマン・ライツ・ウォッチが最近の報告書で明らかにしたとおり、こうした完全自律型AI兵器の使用は、道徳的な一線を越えるでしょう。

ひとたび作動させれば、人間の介入なしに標的を定めて攻撃する未来兵器の人道的リスクと安全保障上のリスクは、あらゆる軍事的利益の可能性を上回ると考えられます。

8月にはテスラ・モーターズのイーロン・マスクCEOほか、人工知能およびロボティクス企業の創設者115人も公開書簡を発表し、完全自律型AI兵器の開発及び使用を止めるための外交上のアクションを呼びかけました。

これまで、完全自律型AI兵器の規制や禁止に世界各国が同意するのかと疑問を投げかける声はありました。
禁止条約の実行性に疑問を抱く人もいます。
しかし、意味のある人間のコントロールが欠けた兵器システムの規制なき開発を支持するまっとうな論証を示した人はいません。

ヒューマン・ライツ・ウォッチをはじめとする世界各国の市民社会は2013年4月、完全自律AI兵器を先制的に禁止するため、「ストップ・キラーロボット」キャンペーンを設立しました。

「ストップ・キラーロボット」キャンペーンの働きかけなどの結果、各国は特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の下で、非公式に議論を始め、この11月、CCWがやっと公式会合を開催します。

この11月の会合に向けて、日本政府など各国は、完全自律型AI兵器を先制的に禁止する国際条約に向けて歩みを進めるべきです。



# by mnnoblog | 2017-11-02 08:27 | テクノロジー

サイバー攻撃、一斉遮断

d0187477_09270727.jpg

  (日経新聞の記事より)

総務省とNTTコミュニケーションズなど国内のインターネット接続業者は2018年を目途に、サイバー攻撃を一斉に遮断する仕組みを作る。

不正アクセスの発信源となるサーバーを即座にネットから切り離す。

遮断の対象は「DDoS」と呼ばれるサイバー攻撃だ。
「DDoS」はパソコンや防犯カメラなどネットにつながるあらゆる機器を乗っ取る。
サーバーを使って攻撃指令が出ると、乗っ取られた機器が企業や官公庁のサーバーに大量のデーターを送信。
処理能力を麻痺させてサービスを止める。

今回の枠組みでは「DDoS」攻撃が発生した直後に、接続業者が発信源のサーバーを特定。
その情報を業者間で共有し犯人のサーバーからの攻撃指令を一斉に遮断する。
国内の有力な接続業者が連携して実効性を高める。

これまでも接続業者は「DDoS」攻撃を個別に遮断してきた。
しかし、対応のスピードが異なる事もあり、足並みがそろわない事で攻撃が広がる恐れがあった。

一方、電気通信事業法では通信の秘密の保護がうたわれており、攻撃を起こすサーバーの情報の業者間での共有は進んでいなかった。

総務省は通信の秘密に抵触する事例などを示すガイドラインを年明けにもまとめる。
必要があれば、電気通信事業法などの法改正も検討する。

あらゆるものがネットにつながる「IoT」が普及すると、防犯カメラや家電が、発電所や鉄道に影響が及ぶウィルス攻撃の発信源になる恐れすらある。

サイバー攻撃は世界的なイベントを攻撃の標的にされやすい。
日本では20年に東京オリンピックがあり対策が必要との指摘は多い。

# by mnnoblog | 2017-11-01 08:26 | 社会
d0187477_17232346.jpg
  (日経新聞の画像と記事より)

坂本龍馬と桂小五郎が対決――。

幕末志士の両者が1857年(安政4年)3月1日、江戸・鍛冶橋の土佐藩上屋敷で催された剣術大会で対戦し、2対3で龍馬が敗れたと記録する史料が、前橋市の群馬県立文書館に保管されていることが30日、分かった。

文書館によると、今回の史料は前橋藩領だった上州・中箱田村(現群馬県渋川市北橘町箱田)で名主を務め、医院も営んだ「根井家」に伝わり、1994年に寄託された。

折り畳んだ縦約16センチ、横約1メートルの和紙で、冒頭に「安政四三月朔日 松平土佐守様上屋敷ニ而御覧」と記載。

龍馬らに加え、著名な剣客だった斎藤弥九郎(2代目)や石山孫六、海保帆平ら計43人が、一対一で戦った22試合の結果を毛筆で縦書きに記している。

この時期の龍馬は江戸遊学中で、土佐藩上屋敷近くにあった北辰一刀流の千葉道場(玄武館)で修行。
小五郎も、盛んに対外試合をした神道無念流の斎藤道場(練兵館)で腕を磨いた。

近年は龍馬の剣術が特に優れていたとする傾向もあるが、小五郎には負けたとある。
龍馬は今年で没後150年。
実際に大会があったのか、もう一度議論するきっかけになる。

# by mnnoblog | 2017-10-31 08:18 | 歴史
d0187477_09152290.jpg
  (Newsweekの画像と記事より)

民主化運動が弾圧された天安門事件以降に生まれ、空前の経済成長下でほとんどが一人っ子として育ち、近年で最も強力な指導者、習近平氏が権力に就く時に成人した──。

彼らを、中国の「バブル世代」と呼ぼう。

繁栄と平和の中で育った世代であり、彼らの祖父母や親の世代が味わった「吃苦(苦しみに耐える)」を体験することなくここまできた。

彼ら「2012年組」は、1990年代にこの国に生まれた1億9000万人の若者のほんの一部だ。
しかし「習近平の中国」と、その遺産を引き継ぐ世代の内情について、重要な洞察を与えてくれた。

習氏が任期5年の国家主席として再任されるにあたり、ロイターは「バブル世代」の若者をより深く知ろうと、習氏が国家主席になった5年前の2012年に大学を卒業して就職した男女10人に取材した。

彼らは北京、上海、成都、武漢、そして湖北省蒲団などに住み、家庭環境は多様だ。
彼らの親も、工場の元所有者や、飲食店経営者、医者、建設作業員、役場職員や、学校の事務員と多岐にわたる。

彼ら10人は、北京にある中国有数の経済系大学、武漢にある地方大学、成都にある技術大のいずれかを卒業しており、限られた人数しか高等教育を受けることのできない中国では、恵まれているといえる。

それぞれの経験は時に大きく異なるが、共通項も多い。

楽観的でオープンな考え方を持ち、思ったまま行動する傾向がある一方で、祖先や家族に対する義務も重要だと考えている。
独身者の一部が結婚のプレッシャーを感じている一方で、伝統的な生き方を拒否する人もいる。

彼らは、旅と経験を渇望しており、おおむね恵まれた環境で育った。
衣食面で必要なものはほとんど手に入ったし、任天堂の「ゲームボーイ」やバケーションなど、必要以上のものを手にすることもあった。

毎年続く異例の経済成長に慣れきっており、痛みを伴う減速など想像もできない。
彼らの世界においては、不動産価格とは上昇するもので、成功を望む若い世代にとって「もろ刃の剣」となっている。

右肩上がりは、当たり前のことだ。

「世界は良くなる一方だと思う」と、成都に住む28歳の個人会計士Qin Lijuanさんは言う。
「もし経済危機に直面しても、安全な計画設計があれば、人生に心配することはない」

「2012年組」は、多くの中国人と同様、政治には無関心な傾向がある。
これは、記者の前でセンシティブな話題に本能的に慎重になった可能性もあるが、本当に無頓着なのかもしれない。

「自分の仕事には関係ないので、政治はどうでもいい」と、成都のインテリアデザイナーZheng Yueさん(27)は言う。
「それに、政治的な問題は私には解決できない。強い関心があったとしても、役に立たない。何も変えられないのだから」

習主席は、巨大な社会・経済課題に直面しており、政府支配の縮小ではなく、拡大が国にとって必要だとの考えを明確にしている。

だがもし、物事が思わぬ方向に逸れたり、中国の「物語」が変容したり、多くのエコノミストが不可避と考えている経済減速が起きたらどうなるのか。
大きな壁にぶつかったら、何が起きるのだろうか。

「若い中国人は、1950代や60年代のアメリカの若者と同様に、乗り越えるのがほとんど不可能なジェネレーションギャップと、巨大な楽観主義を抱えているようだ」と、北京大学・光華管理学院のマイケル・ペティス教授は言う。

だが若者は、親世代からのアドバイスや経験にもかかわわらず、将来のショックに対する心構えができていないだろう、と付け加えた。

# by mnnoblog | 2017-10-30 08:14 | 国際
d0187477_07152629.jpg
  (AFP BB の記事より)

ここ数年の炭素排出量は、化石燃料の燃焼などといった排出の原因となる人間の活動が増えた証拠がないにもかかわらず急増しており、研究者らを悩ませてきた。

しかし人工衛星が収集したデータが新たに発表され、この原因が太平洋の赤道付近で海水温が上昇するエルニーニョ現象であることが示された。

エルニーニョ現象が起きると熱帯地方は乾燥し、植物に負荷がかかって大気中の二酸化炭素の吸収という重要な役割を果たす光合成を行うことが困難になる。

専門家らは、これから数十年間で気候変動によってこうした温暖化はいっそう進み、地球の至る所で深刻な干ばつや熱波がより多く起きるようになると警鐘を鳴らしている。

米航空宇宙局などの研究者らが13日付で米科学誌サイエンスに発表した研究によると、2015~16年のエルニーニョは記録された中で最も強い水準のもので、1年間で大気中に放出された二酸化炭素の濃度は約2000年間で最も大きな増加を示した。

2015~16年の2年間で、アフリカ、南米、アジアの熱帯地域で大気中に放出された炭素は、2011年よりも25億トン多かった。
この2年間の大気中の二酸化炭素の増加量は、近年の平均よりも50%多い。

# by mnnoblog | 2017-10-29 08:14 | 環境

のほほんと---


by mnnoblog