私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

私の少年時代-5

d0187477_22540790.jpg

家から港までは自転車ならすぐ近くだったので、よく父と釣りに行った。

小麦粉を練ったものやゴカイを餌にして釣り糸を垂れたが、残念ながら釣れた記憶はない。


父の会社の厚生施設に海水浴の「海の家」があった。

バスに乗って230分の所だったが、バスを降りて海岸まで松林が茂っていて、松林の中を海水浴場まで歩いて行った。

夏休みは海水浴へよく行った。


海と山が接近した土地だった。

2階の部屋から、高く聳える山が見えた。

その山を何も考えず、ボーと見ていた。

遠くまで山の峰が続いていた。


その昔、お城があった小高い山へ良く登りに行った。

お城の跡はなかったが、山の上からは住んでいる町が一望できた。

住んでいる社宅や小学校、港のほうには工場から煙が立ち上っていた。


父が外国雑誌を買ってきて、その中にアメリカのマンハッタンに建てられた「エンパイア・ステートビル」の紹介があった。

摩天楼が建ち並ぶニューヨークの景観に、アメリカはすごいと思った。

立派な家や自動車・電車、そして華やかな一般市民の服装、みんなアメリカにあこがれた。


私が住んでいる所で高い建物と言えば4階建てのアパート位なものだった。

レベルが違い過ぎた。

皆がアメリカのレベルに近づこうと思った。

日本が高度成長期に入ったのは、私が高校卒業した頃からだった。



私は高校卒業した後、父が転勤で関西で暮らすようになった。

その後、社宅は老朽化が進んで維持できなくなり2000年頃、社宅は取り壊され、その後はホテルとショッピングモールが建設された。


私の少年時代~青年時代にかけて、過ごした社宅は今はない。

線路もなくなった。

海が汚染され海水浴場の「海の家」も無くなった。


小学校は木造から鉄筋コンクリート造りとなったが、裏山はそのままだった。

中学の同窓会の時に裏山に上った。高射砲跡はそのまま残っていた。

少し怖かった場所が、なぜか懐かしく感じた。


振り返ってみると、私の少年時代は物は無かったが、それなりに豊かな時代であった。

子供同士のいじめもあったが、からかい半分程度のものだった。

赤ちゃんは全ての母親が背中にだっこしていた。

赤ちゃんにおっぱいを飲ませる時、胸をはだけても誰も奇異に感じなかった。


乗り物も少なく、社宅内の道で遊んでいても危なくはなかった。

みんな家で遊ぶより、真っ黒になりながら外で遊んでいた。

おおらかな時代だった。


by mnnoblog | 2018-06-08 08:10 | 思い出

のほほんと---


by mnnoblog