人気ブログランキング |

私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

2度目のヨーロッパ旅行(その1)

d0187477_06233105.jpg

EUが発足する1年前に、某自動車メーカーとその関係取引先で、欧州自動車産業の現状と日本自動車産業の位置付け及びEU統合を控えた欧州の実情を視察した。


日程は、成田⇒ベルリン⇒フランクフルト⇒ミュンヘン⇒プラハ⇒ブダペスト⇒ウィーン⇒マドリッド⇒バレンシア⇒バルセロナ⇒マドリッド⇒パリ経由成田で1992412日~428日の16日間であった。


前回のヨーロッパ視察と違って、朝早く起きて視察先を訪問し、そこでの懇談を夕方まで行う事が多く、宿に入ってもレポートをまとめる必要があったので、個人の自由時間は殆どなかった。


そのようなハードスケジュールの中から、今回のヨーロッパ旅行での思い出を記したいと思う。


成田からベルリンまでの11時間のフライトはビジネスクラスだったので、前回のヨーロッパの旅行と違い窮屈な思いはしなかった。


到着したのは旧東ベルリンの空港で、成田からの直行第一便との事であった。

ベルリンの壁は崩壊して3年経過しているにもかかわらず、旧東ベルリンの様相そのままで、空港は広いが人も少なく、ショップ店も殆どなく閑散としていてとても国際空港とは思えない状況であった。


ベルリンの壁が崩壊したことで、東西ドイツが統合し、民族の統一もなされたが、

西と東の経済格差と意識の格差により、混乱が起こり、大量の失業者をもたらした。

案内人のドイツ人は「ベルリンの壁は取り払われたが、人々の心の壁はそのままだ。完全に癒えるに100年は掛かるだろう」と言っていた。


ブランデンブルグ門周辺のベルリンの壁は取り払われ、以前訪れた時は通れなかった門を歩いて通過する。

門の側ではベルリンの壁の欠片を売っている人を見て、歴史の動きを痛感した。


前回は恐る恐る通過した、東西ベルリンの検問所だったチェックポイント・チャーリー跡を訪れた。

当然検問所はなく監視塔のみが残されていた。

近くの旧東ベルリンのビルにはコカ・コーラの看板が掲げられていたのが印象的だった。


ベルリンからフランクフルトへ。

ベルリンの朝、ホテルの朝食時に同伴の人のハンドバックが一瞬のうちに盗難にあった。

一流ホテルでの出来事に一同緊張を隠せなかった。


その日はMRE社を訪問、懇談して終わった。

翌日はミュンヘンへ、BMW本社工場訪問、懇談。


その夜は、前回にも訪れたホフブロイハウスでビールを飲む。

ビール好きな人は美味しいらしく大ジョキのビールをお代わりしていた。


翌日は630分に起き、ホテル周辺を皆で散歩した後、ミュンヘンのAUDI本社工場訪問、懇談。

私の感想では、BMW社もAUDI社も日本の自動車工場よりロボット化が進んでなく、生産効率も悪そうな感じであった。

ただ、日本より顧客の要望に沿った車作りをしていた。


by mnnoblog | 2018-07-31 08:36 | 思い出