私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

織田信長に歯向かった荒木村重という人物

d0187477_13583272.jpg

今年の春、お花見も兼ねて池田城跡を見に行きました。

大阪府池田市にある池田城は、室町時代から戦国時代にかけて、豊島郡(現在の池田市、豊中市、箕面市、吹田市周辺)を治めていた領主池田氏の居城だった所です。

その池田氏に仕えた家臣に荒木村重という織田信長に反旗を翻し、信長からの攻撃から逃げ延びて、茶人となった稀有な戦国武将がいた。

荒木村重は池田一族の娘を娶り一族の一員となるが、三好三人衆の調略に乗り領主を追放して池田家を掌握する。
その後、池田氏が仕えていた織田信長に気に入れられ、織田信長の家臣となる。

摂津国人だった伊丹氏が支配する伊丹城を陥落させ、伊丹城の城主となり、摂津一国を任され、伊丹城を有岡城と改め侍地区と町人地区を土塁で囲んだ惣構えの城に改築。

その後、羽柴秀吉と共に三木城の合戦の時、何故か突然戦線を離脱し織田信長の命令に背き有岡城へ帰ってしまう。

謀反の理由は諸説あるが、当時の摂津国内は信長が進出するまでは国衆や寺内町・郷村などが独自に支配してた地域だった。
その様な気風から、信長の支配になる事を皆が快く思っていなかった為、村重は彼らの指示を受けた方が摂津地域を支配できると考えたとも。

また、村重は足利義昭や石山本願寺とも親しく、信長の石山本願寺への攻撃で困窮を極めていた状況を見て、兵糧を分け与えていたのが信長に知られた時の処罰を恐れた為ともいわれている。

荒木村重の謀反に驚いた信長は、明智光秀や旧知の仲である黒田官兵衛に説得させようとしたが、黒田官兵衛は逆に捉えられて牢獄に閉じ込められてしまう。

怒った信長は池田城に本陣を構え、有岡城へ攻撃を行う中、荒木村重は毛利軍と石山本願寺からの援軍を期待したが、援軍は現れず一人城から抜け出し、嫡男のいる尼崎城へ逃げるが、信長が有岡城を攻撃し荒木一族を皆殺しにされると毛利氏の下へ亡命し、尾道で隠遁生活を送る。

その後、信長が本能寺の変で亡くなると堺に戻り、千利休の弟子となるが、豊臣秀吉の時代になると秀吉からの処罰も恐れ出家し堺にて死去する。

戦国の時代とは言え、信長に謀反を起こした結果、一族は全て殺され自分一人生き残った村重という人物、彼がそこまで筋を通した理由は何だったのだろうか。
明智光秀が信長に謀反を起こした理由と同じなのではないだろうかと思ってしまいます。

by mnnoblog | 2018-07-30 08:40 | 気になる事柄