私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

ガンと認知症の対応

d0187477_09051699.jpg

65歳以上の高齢者が最も気を付けたい病気は、ガンと認知症だと思います。

二人に一人はガンを患い、四人に一人が認知症になると言われてます。

最悪はガンを患い、認知症になる事も考えられます。
恐ろしい事です。

75歳以上の高齢者のガン治療は、手術のみ、或いは治療無しが増えていると聞く。

それは、高齢者によってそれぞれ健康状態に差があるため、それに応じて治療方法を考える必要があると言われ始めている。

元々、ガン治療は75歳未満の人を対象に検討されてきた為、75歳以上の人に対する治療方法の基準がないと言う事だそうである。

癌は治療すれば治る事もあるが、認知症は治すことは難しく、発症を予防する方法しか今の所はない。

発症を予防する薬は4種類あり、進行を遅らせるだけである。

その為、認知症にならないよう気を付ける方法が提案されている。

1、生活習慣病の予防
2、有酸素運動の実行
3、頭を使う事を習慣とする
4、バランスのとれた食事
5、慢性的なストレスをなくす

要するに、バランスよく食事して、適度な運動を行い、夫婦仲良く暮らし、1日の事を日記に付けて、ぐっすり睡眠をとる、という事に尽きる。

75歳になる私の場合は、認知症へはしっかりと予防を行い、ガンになった場合は、手術してもベッドから起きられないようになるなら、手術なしで過ごしたいと思ってます。

by mnnoblog | 2018-10-10 08:10 | 独り言

のほほんと---


by mnnoblog