私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

2018年 11月 10日 ( 1 )

d0187477_09571075.jpg


「以心伝心」と言う如何にも日本的な感性ともいうべき言葉がある。
”文字や言葉を使わなくても、お互いに考えている事が理解し合える事”と解釈されている。

似たような言葉に、「あ・うんの呼吸」と言う言葉もある。
”言わなくても分かり合える事、言葉にしなくても通じ合える事”とされている。

島国で閉鎖され、他国と地理的に繋がってなく、同一民族であったが故に生まれた感性だと思う。

しかし、現在はグローバリゼーションの世の中になっている。
国も違う、環境も違う、言葉や文化も違う人たちとコミュニケーションして行く中で、「以心伝心」の精神で物事を進めようとしてもそこに摩擦が生じてしまう。

”あの日本人は何を言いたいのか、何を考えているのか、さっぱり分からない”と言う状況に陥ってしまう。

人種も違う、育った文化も違う欧米の人たちは、お互い通じ合うためには、正しい考えだろうが、間違った考えだろうが、はっきりと言葉に出して言わなければ、自分の考えを伝えられないという状況の中で生きてきた。

日本で育った環境の違いが、日本人には欧米人と意思疎通する中で”あれ!、何で!”との思いが生じてしまう。

しかし、互いに違う存在でも、人間は同じ事に喜び、悲しみ、怒り、憎み合う感情に変わりはなく、お互いの違いを理解し合うことができるはずです。

グローバリゼーションとは、お互いの違いを理解する事から始まると思います。
日本人には、すぐれた協調性と和の精神を持ち合わせています。

欧米人に対しては、はっきりと自分の考えを伝え、日本人同士では「以心伝心」の感性も残しつつ生きていきたいと思います。

by mnnoblog | 2018-11-10 08:10 | 気になる事柄