私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

好きだった音楽番組



私が若い頃、楽しんでいた音楽番組があった。

日曜日の18時30分から始まる「シャボン玉ホリデー」と土曜日の夜10時から始まる「夢であいましょう」、そして深夜のラジオ番組「ジェットストリーム」である。

「シャボン玉ホリデー」はザ・ピーナッツとハナ肇とクレージーキャッツが出演していた。

番組はザ・ピーナッツの”牛乳石鹸提供 シャボン玉ホリデー”で始まり、毎回登場するゲストを交えてのトークとハナ肇とクレージーキャッツのコント、ザ・ピーナッツとゲスト歌手との歌で展開されるバラエティー番組だった。

番組の終わりはハナ肇とザ・ピーナッツのコントと共に牛乳石鹸の提供らしく乳牛の鳴き声で終わるというものだった。

「夢であいましょう」はNHK番組らしく少し上品でホステス役の中嶋弘子が番組の始めに体を斜めにしてお辞儀をする挨拶が印象的であった。

毎月1曲、中村八大作曲、永六輔作詞の「今月の歌」が披露された。
その中には、坂本九の「上を向いて歩こう」、ジェリー藤尾の「遠くへ行きたい」、梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」が有名である。

番組はジャズ演奏や外国の歌やコントで構成され、中嶋弘子が結婚で番組を降板した後は黒柳徹子が替わって司会を務めた。

中嶋弘子のゆっくりとした喋り方と違って、黒柳徹子の早口で軽快な喋り方が対照的であったのを覚えている。

また、深夜のFMラジオ番組「ジェットストリーム」。
「ミスターロンリー」の曲が流れると共に、司会の城達也の低音で渋い声のナレーションが良かった。

残念なことに最近は、上品で心休める音楽番組が無い。
私は夜10時頃、一日の疲れを癒し、落ち着いて眠りに入れるような音楽番組を作って欲しいと思ってます。

# by mnnoblog | 2018-10-23 08:10 | 思い出

今日は秋晴れの良い天気

d0187477_12155542.jpg


今日は秋晴れの良い天気。
目覚めが良かったので、朝食前に散歩する。

散歩コースに積水ハウスが建設していた「シャーメゾン」が完成していた。
5世帯分の大きさであろうか、見た感じが良い。

散歩を終えてゆっくりと朝食を食べる。
新聞に目を通すと、トルコのサウジアラビア総領事館で殺害されたサウジ人記者の記事が目に付く。

サウジ皇太子への権力集中や批判勢力への弾圧について批判していた記者が、総領事館内で殺害された事に対するアメリカトランプ大統領の今後の対応が気になるところだ。

朝食を終えてからは車のウィンドウの汚れが気になっていたので、ウィンドウ洗浄液を使用して綺麗にする。

秋の日差しを浴びながら車を掃除していると、バラの枝が伸びているのに気が付き、枝切りばさみで数本の枝を切る。

昼食の時、TVでプリンセス駅伝予選会の中継を観る。
画面には岩谷産業の走者が中継地前で走れなくなり、次の走者にタスキを渡すため四つん這いになりながら中継地までたどり着く映像が流れていた。
膝は擦り剝けて血が出ている。
大変な駅伝だ。

午後からは、庭でゴルフクラブを握り素振りをして次回のゴルフに備える。
プリンセス駅伝予選会はワコールが1着、岩谷産業は上位14着に入れず決定戦への出場を果たせなかった。

# by mnnoblog | 2018-10-22 08:10 | 日記
d0187477_14505357.jpg


「メイド イン ジャパン」は信頼の言葉であった。
それが大きく揺らいでいる。

地震大国の日本で安全と安心を与える製品に、品質を損なう不正が15年も長く行われていた事に驚きを禁じ得ない。

企業の品質問題で驚いたのは、2000年に起こった三菱自動車のリコール隠し事件であった。

その後、東洋ゴム工業の免震偽装事件、神戸製鋼所・三菱マテリアル関連会社・東レ子会社・宇部興産の品質検査不正事件、タカタのエアバック欠陥隠蔽事件、さらに日産自動車・スズキ・SUBARUでの検査不正事件など枚挙にいとまがない。

今回のKYB(株)とその子会社では、このように検査不正の報道が相次いでなされていたにも拘わらず、データの改ざんが行われていたというのだから、開いた口が塞がらない。

第二次大戦後の日本は米軍の占領下にあり、その頃作られた製品には「メイド イン オキュパイド ジャパン」と表記された。

つまり、”占領下の日本製品”という事で、”安かろう、悪かろう”との評判が立つほどの粗悪品であった。

これではいけないと取り組んだのが、デミングが教えてくれた「統計的品質管理」と言う手法であった。

日本企業はこぞって、品質管理を進展させ、会社内の「QCサークル」を行い、TQC(全社的品質管理)を実行していった事で高品質な製品を国内や海外に出荷する事となり、信頼性の高い「メイド イン ジャパン」が生まれてきたのである。

しかし、何故最近になって日本の代表企業は挙って品質問題を起こすようになったのだろうか。
TQCから発展したTQM(総合的品質管理)が全社的に機能していれば、この様な問題は起こらないはずである。

私はバブル崩壊後の企業経営にその要因が隠されているように思える。
高度成長を経てバブル期に突入し、拡大路線を走り続けたが、バブル崩壊後、いずれの企業も「雇用」「設備」「債務」の問題を抱えてしまった。

その中で、海外企業との対抗もあり、「ISO規格」を遵守しておれば品質に関しては大丈夫との安心感から、経営者は製品現場の実態を見届けようとはせず、企業経営にばかり目を向けたためではないかと思います。

一流企業におけるTQM活動の低下が、今回の問題を引き起こした大きな要因ではないかと思えるのです。

景気低迷期を脱しようとしている今こそ、「メイド イン ジャパン」の信頼を取り戻すべく、企業が一体となって品質向上に取り組んでほしいと思います。

# by mnnoblog | 2018-10-21 08:10 | 気になる事柄

運動目的のゴルフです

d0187477_16574897.jpg


今日は秋の日差しの中でゴルフを楽しんだ。
いつもラウンドしている仲間同士のラウンドの予定だったが、急にI氏が仕事でキャンセルとなり、O氏と二人で楽しんだ。

以前のクラブでのゴルフだったが、スコアは43/49=92で可もなく不可もなしと言う結果だった。

以前のクラブでも十分使用できることが分かっただけでも良しとしよう。
クラブよりもパターである。

パット数38では何ともならぬ。
スコアよりも運動が目的のゴルフだから、トータルスコア92であれば年寄りゴルフOKの範疇という事にしましょう。

と自分に納得させてます。

# by mnnoblog | 2018-10-20 08:10 | 日記
d0187477_14455164.jpg

久し振りにゴルフ練習場に行く。
ここの練習場は使用料金がカード方式になっていて、利用するたびにポイントが付く。

受付で聞いてみると、1000球分のポイントが貯まっていた。
早速ポイントを利用することにした。

先日、ホームコースでラウンドした時、グリーン側のラフに入ったボールをグリーンに乗せようとしてPWで打った後、クラブの根元からシャフトが折れてしまった。

軽く打ったのに簡単に折れてしまったのには驚いたが、他のクラブでも折れるのではないかと恐る恐るプレイする羽目になってしまった。

その後、無事にラウンド終了する事ができたが、このクラブの使用は止めにしようと思い、以前使用していたクラブに置き換える事にした。

以前は使用していたクラブではあるが、スイング感覚がクラブによって違っているので、以前使用していたクラブで打ってみることの為に練習場へやって来た。

300球ほど打ってみたところ、飛距離は多少落ちるが、スイングの感触は悪くないので、これからこれを使うことに決めた。

実際のラウンドではどうなのか多少心配ではある。

# by mnnoblog | 2018-10-19 08:10 | 日記

のほほんと---


by mnnoblog