私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:スポーツ( 6 )

d0187477_14012560.jpg

9/20~9/23、タイガー・ウッズは米ジョージア州のイーストレイクGCで開催されたツアー選手権で復活優勝を果たした。

タイガー・ウッズは1975年生まれ、幼少期から父親よりゴルフを習い、8歳で70台のスコアでプレイするようになる。

アマチュア時代には全米ジュニア、全米アマチュア選手権で前人未踏の3連覇を達成する。

1996年、スタンフォード大学を中退してプロに転向、翌年のマスターズで史上最少年で初優勝し、僅か10か月余りで世界ランキング1位となる。

その後、優勝を重ね、2007年に始まったフェデックスカップの初代王者になる。

2008年、痛めていた左膝の手術をする。
手術後復帰戦となった全米オープンに勝ち「65勝」となるが、再度膝を痛め再手術を受ける。

2009年、ツアーに復帰し、WBCブリヂストンでツアー「70勝」を達成。
この年の末、夫婦げんかによる交通事故を発端に、ウッズの女性関係がメディアに取り上げられ、世界中から不名誉な注目を集める。

その後、試合にも出場しなくなっていたが、2012年のAT&Tナショナルでツアー「74勝」達成し、ジャック・ニクラスの優勝回数を抜く。

しかし、2013年以降は腰を痛め試合出場を欠席することが多くなり、ワールドランキングは674位まで後退した。

2017年4月には、4回目の腰の手術を受け、術後の痛みで座ることも歩くこともできない状態となり、現役引退まで囁かれた。

2018年、腰の痛みも取れてから、試合に出場する毎に上位に顔を出すようになってきた。

人々はスキャンダルや膝の手術、4回もの腰の手術の報道から「ウッズの優勝はもうないだろう」と思っていた。

しかし、何回も転びながら、立ち上がっていくウッズの姿勢に人々は少しずつ応援するようになっていった。

不可能と思われていた事を可能にしていく事に人々は感動を覚える。

今回のツアーチャンピオンシップにおいて、タイガー・ウッズの5年振りの優勝が見えた時、大勢のギャラリーは選手とギャラリーを仕切るロープを越えて、18番グリーンへと歩くウッズの後に、または左右に一緒になって歓声を上げながら歩き始めた。

タイガーと言う名前はベトナム戦争の時、タイガーと呼ばれていた軍人が戦時中行方不明となり、その軍人の生還と父との再会の期待を込め、21歳になった時に改名した名前である。

by mnnoblog | 2018-09-25 15:21 | スポーツ

神有カントリー倶楽部

d0187477_18563973.jpg

昨日は今年一番の暑い日だった。
そんな暑い中、元会社仲間と神有カントリー倶楽部でゴルフをしてきた。

中国自動車道西宮北口を降りて直ぐのゴルフ場である。
意外と近いのに初めてプレイするゴルフ場であった。

開場は1966年と言うから、関西では比較的古くからあるゴルフ場である。

多少のアップダウンはあるが、フェアーウエーも広く、木々に囲まれ気持ちも良いコースだと思った。

今日のスコアーは47/47=94だった。
暑さでバテなかっただけ良しとしたい。

by mnnoblog | 2018-06-26 08:40 | スポーツ

ゴルフ練習場

d0187477_15163393.jpg

久し振りにゴルフ練習場に来た。

ポイントがたまっているので、それを使う事にした。
400球分あるとの事で、250球使っての練習となった。
練習し終わってみると、左肩が少し張っている。

ここの練習場は車で20分の所にあるが、1~3階まで150席の練習設備を設けてあり、300ヤードの距離がある。

セガのスイングチェック機を10台そろえてある。
また、バンカーやパター練習もできる。

ゴルフショップがあって、試打用のクラブを貸し出ししている。
練習が終われば、レストランで食事もできるし、シャワー設備もある。

今年の5月日本プロゴルフ選手権で優勝した谷口徹プロが、時々練習にきているのを見かけたことがある。

当練習場のホームページでは、関西最大級の練習場との事である。

by mnnoblog | 2018-06-17 08:16 | スポーツ

能勢カントリークラブ

d0187477_21354220.jpg

5/25,私のホームコースの能勢カントリ―ゴルフクラブでプレイしてきた。
今年一番暑い日であったが、快晴に恵まれ、ゴルフ仲間と楽しく廻る事が出来た。
スコアは45/43=88と久しぶりの90切りであった。

当ゴルフ場は昭和35年に開場しており、関西のゴルフ場の中でも古参と言ってよい。
私が会員になってから18年になる。

春にはホール毎に桜が咲き、桜が散り終えると藤の花が咲き、秋は紅葉が見事で、まるで箱庭のようなゴルフ場である。

私がこのゴルフ場の会員になった理由は、家から一般道で30分で行ける事ともし車で行けなくなっても最寄りの駅からゴルフ場のマイクロバスが10分間隔で出ているので便利だと思った事による。

コースは山岳コース特有のアップダウンはあるが距離が短いので年寄り向きなコースと言えよう。

今はゴル場で知り合った気の置けない仲間と1回/週のペースで楽しくプレイしています。

by mnnoblog | 2018-05-27 08:37 | スポーツ

宝塚高原ゴルフ倶楽部

d0187477_18543610.jpg

6月21日、元会社の仲間とゴルフを楽しんだ。
プレイしたゴルフ場は、1964年設立の宝塚高原ゴルフ倶楽部。

20~30ヤードの打ち下ろしのコースもあるが、丘陵コースとしては全般的にフラットで趣のあるコースである。
風は少し吹いていたが、快晴で暖かくゴルフ日和な一日であった。

前半ハーフは運動の為カートには乗らず、フェアーウエーを歩いてプレイした。
スコアーは44/48=94であった。

最近100前後でのスコアーから比べると好スコアーであった。

最近のゴル場はまるで元気な老人クラブの様相となっている。
平日という事もあるが、プレイしている人は殆ど元気な60歳以上の人たちばかり。

ゴルフが出来るという事は元気な証拠であるからそれはそれで良いのであるが、若者のゴルフ離れが気になります。
団塊の世代が80歳頃になるとゴルフ人口が減って、経営難に陥るゴルフ場も出てくることであろう。

私は80歳まではゴルフを続けたいと思っているが、その頃には私がプレイしたことのあるゴルフ場がどのようになっているか心配である。

by mnnoblog | 2018-05-23 08:53 | スポーツ

ヘッドスピード

d0187477_11455219.jpg

「寄る年波には勝てぬ」と言いますか、50台ではヘッドスピードが43m/sあって230ヤード飛んでいたが、今は38m/sに落ち190ヤード程しか飛ばなくなった。

75才では平均より少し上だと思うが、同じコースでプレイしていると、「昔はあそこまで飛んでいた」と言う思いが強くなる。

庭で素振りするにも、単にクラブを振り回すのではなく、ヘッドスピードを確認しながら振ってみようと測定器を購入した。

使用してみると振る度に同じように振っているが、測定値に差が出てくる。
段々とヘッドスピードが高く出る振り方が分かってくる様になった。

この測定器を購入して2か月になるが、ドライバーショットの飛距離が少し伸びてきた。

筋肉は年に関係なく適切に使用すれば向上するという。
まあ、若い頃までに向上するわけはないが、現状維持+αは望めるかもしれないと思っている。

by mnnoblog | 2018-05-21 08:45 | スポーツ

のほほんと---


by mnnoblog