私のゆるゆる生活

mnnoblog.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:独り言( 22 )

蝉も熱中症らしい

d0187477_21183347.jpg


私の家の近くに公園がある。
毎年夏になると朝早くから蝉の鳴き声で目が覚める。

今年も大合唱が続くと思っていたら、3日前頃から鳴き声が少なくなった。
また鳴き方も弱弱しい。

ある新聞に「蝉も熱中症になる」という記事が出ていた。
公園のセミも熱中症になったかと思った。

蚊も35度以上になると飛べなくなるらしい。
大変な暑さである。

お盆も過ぎようとしている。
少しは涼しくなるだろうと期待しているが、今週も暑い日が続くようだ。

by mnnoblog | 2018-08-14 08:17 | 独り言
d0187477_13294863.gif
ある企業が試みとして、週休3日を2か月実施したところ、社員の仕事と生活のバランスが良くなり、結果として生産性が上がったという記事が載っていた。

その記事を読んでふと思ったのは、私がサラリーマンだった頃、週休2日制になった時の事である。

それまでは「半ドン」と言って、土曜日の午前中で仕事は終わりというものだった。
仕事が終わった午後からは、真っ直ぐ家に替えればよいものを、帰ることをせず仲間と麻雀をしていた記憶がある。

週休2日制になって本当に嬉しかった。
「半ドン」のような中途半端な休みより、疲れた体を休めることができて、家庭的にもなり、翌週からの仕事に対しても意欲的になった覚えがある。

週休3日になれば、より以上に休養できて、家庭的になり、自分の時間も取れるようになると思いますが、今のままでは仕事の生産性をそれ以上に上げる事ができるだろうか?

週休2日の時の方が、「半ドン」の時より残業していた気がする。
残業が増えたのは、高度成長期で仕事量が増えたこともある。

今は低成長時代だが、高度成長期より他社との競争はむしろ激しいのではないか。
残業時間が多いのは、他社との競争で顧客の要求を満たそうとするためなのではないか?

日本の長時間労働について2013年国連から
・多くの労働者が長時間労働に従事している。
・過労死や精神的ハラスメントによる自殺が職場で発生している事を懸念する。
といった内容の是正勧告がなされている。

今年6月に「働き方改革関連法案」が成立した。
日本の労働生産性は主要7か国中最低のランクである。

日本の労働者の生産性を上げるには、週休3日よりも、生産効率化を高めて長時間労働を減らし、すべての業種の給料が上がり、子育て中の共稼ぎ夫婦の保育施設などの環境を改善し、時差通勤や在宅勤務など労働者にとって働きやすい環境作りをすれば、生活が楽になり、勤勉な国民性からしてすぐに世界一の労働生産国になると思いますがどうでしょうか?

by mnnoblog | 2018-08-11 08:29 | 独り言

葛飾北斎という人物

d0187477_15220760.jpg

葛飾北斎は1760年に現在の東京墨田区に生まれ、1849年に90歳で亡くなっている。

西欧の画家たちに影響を及ぼした、あの有名な「富嶽三十六景」を完成したのは73才である。

74歳の頃に「70歳までの絵は取るに足らないものであった。73歳になって禽獣虫魚の骨格や草木の出生を知り得た。86歳になればますます我が腕は上達し、90歳になればその奥義を極め、100歳になれば神の域に達するであろう。そして100歳を越えて描く絵は、1点1点命を得たかの如く生きたものになろう」と言っている。

全く恐れ入りましたと言わざるを得ない。
その証拠に、最晩年の89歳で描いた「富士越しの龍」は最高傑作と言われている。

北斎は長野県の小布施にアトリエを持っていたそうで、83歳から亡くなるまで4往復しているそうである。

江戸から小布施までは250キロもある。
考えられない健脚である。

江戸時代に90歳まで生きて、素晴らしい絵をかく事ができたのは、体が丈夫だったことと、雑念を持たず、現時点の事だけを考え、集中できる性格だったらしい。

その様な性格の人は、物事に集中できることから、直観力や想像力が高まるとされている。

北斎の最後の言葉は、”あと5年も長生きできたら本物の絵描きになれたものを”というものだったらしい。

75歳の私としては、最後まで自分を高めるその精神だけでも見習いたいと思います。

by mnnoblog | 2018-08-09 08:21 | 独り言
d0187477_06191650.jpg


幕末の志士、桂小五郎と坂本竜馬が1857年土佐藩上屋敷で催された剣術の試合で両者対戦し3対2で桂小五郎が勝ったという資料が群馬県立文書館に保管されている。

当時の桂小五郎は24歳、身長170センチ強、対する坂本龍馬は21歳、身長同じく170センチ強とされる。

桂小五郎は長州藩士、剣術の修行のため江戸の神道無念流の斎藤道場で塾長を務めていた。

坂本龍馬は土佐藩士、同じく剣術の修行のため江戸の北辰一刀流の千葉道場で塾長を務めていた。

同じ境遇同士の戦い、剣術の腕前もほぼ互角だったと思えますが、勝負は時の運、桂小五郎の勝利となったようです。

神道無念流と北辰一刀流の戦い、タイムスリップができれば、この試合は是非見てみたいと思ってしまいます。

by mnnoblog | 2018-08-07 08:18 | 独り言

秘かな願い

d0187477_09423929.jpg

2018年7月11日、道路交通法が改正され普通免許保持者が原付2種(AT小型2輪)の取得にかかる時間が最短2日間で取れるようになった。

短期間でオートマチック車限定で排気量125cc以下のバイクが運転できるようになる。

原付と較べて、原付2種は2段階で右折する必要がない事、法定最高速度が60Kmと原付の30Kmと較べ早く走れる事がメリットだ。
また、維持費も原付とほとんど変わらない。

私は高校生の時に親父のスクーターを原付免許で運転していたことがあった。
その後、普通免許を取得したのでスクーターやオートバイを運転することはなかった。

自動2輪は4輪自動車と違って自分で運転している感じが強い。
まさに風を切って疾走するからである。

もう一度乗ってみるかナアー
どうせ乗るなら一度は乗ってみたいと思っていたスーパーカブがいいナァー
本田が9月に「スーパーカブC125」を発売するらしいしナアー

と我ながら勝手に思ってますが、秘かな願いは100%叶えられるはずはありません。

by mnnoblog | 2018-08-06 08:19 | 独り言
d0187477_06282765.jpg

大阪に四天王寺というお寺がある。
このお寺は聖徳太子が建立したとされており、593年から建立され始めたと「日本書紀」には伝えられている。

四天王寺を建立するために、百済から工匠が招かれ、そのうちの一人が金剛組初代の金剛重光と言われ、金剛組の創業は578年とされています。

その後、金剛組は江戸時代に至るまで四天王寺専属の宮大工として存続してきましたが、明治に入って神仏分離令により、金剛組は四天王寺だけでは禄を得る事ができず、他の寺社にも手を広げて行くます。

しかし、良いものを作らんがため価格を度外視して仕事に没頭してしまう職人気質が仇となり、金剛組の経営は極度に困窮する事となる。

昭和に入って全国の社寺は戦争による火災や台風被害に合ったため防火・防災に対応できる建築が望まれ、戦後の復興に当たり鉄筋コンクリート工法が脚光を浴びるようになる。

金剛組も時代の要請にこたえようと、鉄筋コンクリート工法でも日本建築本来の優美さや、木の温かみを損なわない工法を開発して行きますが、バブル期にマンションなどの一般建築に手を広げたことが致命傷となり負債が増大してしまいます。

「金剛組を潰すな」と大阪の高松建設が再建に乗り出し、同社の子会社として新生金剛組がスタートし現在に至っています。

創業1400年余りも長く続いた企業は世界にもなく、金剛組は世界最古の企業と言われています。

新生金剛組のホームページには、”1400年余りの長い歴史の中で常に心に刻んできたのは、先駆者の自覚に基づいた伝統の技を後世に伝える使命感です”とあります。

この理念さえあれば、金剛組はさらなる長きに渡り存続してゆく事でしょう。

大阪商人の言葉にある「儲かりまっか?」、「ボチボチでんな!」と大儲けせずとも確実に一歩ずつ時代の変化に合わせ経営を進めていくのが長続きの秘訣に思えます。

by mnnoblog | 2018-07-29 08:27 | 独り言

長く続く異常な暑さ

d0187477_19151848.png

水害に続いて今度は日本列島がうだる様な暑い日が連日続く。

TVを観るとどこの局も熱中症対策をテーマに話している。


この異常気候は日本だけでなく世界中に発生しているとの報道もある。


温暖化対策が世界中で議論されている中で、アメリカの大統領はパリ協定から離脱宣言を行っている。


地球の気温は20世紀に入って急激に上がっている。

これは化石燃料を人類が使用し始めたからなのであるが、その事実は世界各国が理解しているにも拘らず、自国の利害を主張して大幅な対策が取られていない。


人類の産業が発展した結果のCO2増加は疑いようもないのにである。


世界各国に異常気候が起こり続けない限り、人類は重い腰を上げようとしないのだろう。

そこから本格的な対応が取られても、今日の異常気候が収まるまでは長い期間が必要になるだろう。


効果を表すまで人類には辛抱強い忍耐期間がどれだけ続くのか。

私の代ではなく、子供の代、もしくは孫の代で収まるのだろうか?


暑さで外に一歩も出られない私はふと考えてしまうのである。


by mnnoblog | 2018-07-26 08:24 | 独り言
d0187477_11395589.jpg

世の東西を問わず、ハゲの悩みに変わりはない。
私の頭も上図ほどではないが、後頭部はバーコードとなっている。
”何でこのような状態にーーー”と思う事もある。

ハゲを防止するための育毛剤が多数紹介されており種類も多い。
しかし、私は育毛剤を使用しようとは思わない。

旧約聖書に怪力の持ち主サムソンの唯一の弱点は髪を失う事だった。
それを知られてしまってデリラに髪を剃られ力を失い悲劇的な最期を迎える事になる。
サムソンにとって一番大切なのは髪だったという話である。

昔、武士は髷を結えなくなると隠居するという習慣があったという。
人によっては30歳台でハゲてしまっている人もいたはずである。
そんな人も隠居してしまったのだろうか?

ハゲの要因はホルモンと遺伝子によると言われる。

男性ホルモンの「テストステロン」が頭髪の毛穴の内部で変化して、毛穴が小さくなり、毛髪が細くなって最終的に毛穴から毛が生えなくなってしまうらしい。

男性の方が「テストステロン」の値が高いため、女性より6倍ハゲやすいとされている。

もう一つの要因である遺伝子は「X染色体」にあり、男性は「X染色体」を1本しかなく、男性の方が親からの遺伝子をそのまま直接受け継ぐのに対し、女性は2本持っているので、両親のどちらからしか遺伝子を受け継がないのでハゲにくいとの事である。

ハゲる事は恥ずかしい事ではないと「ツル多はげます会」、「光頭会」、「秀頭会」といった団体も国内にはあり、「全国ひかりサミット」という団体の交流の場もある。

私もどの様にハゲようとも気にせず暮らしていくつもりである。

by mnnoblog | 2018-07-25 08:39 | 独り言

遺伝と努力

d0187477_04563860.gif

慶応大学の安藤教授の「行動遺伝学」を読むと、知能は遺伝子の影響を60%程度受け継ぎ、残りの40%は環境による影響が出てくると言われる。

また、性格は概して30~40%が遺伝の影響を受け、残りの60~70%は環境による影響が出てくるとの事です。

では、私の場合を当てはめてみるとどうだろう?

私の父方の祖父と祖母は、私が生まれる前に亡くなっているのでよく分からないが、祖父の職業は銀行に勤めていた事を考えると、中程度の知能を有していたと思われる。
性格については全く分からない。
祖母については知能、性格とも全く分からない。

母方の祖父も、私が生まれる前に亡くなったが、下級武士出身で明治になると役所勤めをしていたらしい。
恐らく中程度の知能の持ち主であったろうと思われる。
性格は分からない。
祖母は祖父より長生きしていたので、何回か会ったことがある。
性格は明るく穏やかであった。

私の父は国立の工学系の大学を出て、大手企業の技術者として人生を全うした。
母は昔の女学校を卒業している。
父と母の性格はよく分かっている。

以上の事から、私自身の知能と性格は「行動遺伝学」に照らし合わせるとほゞ当てはまるという事になる。

安藤教授は「知能や性格は少なからず遺伝の影響があるが、環境が整っていないと素晴らしい遺伝もその素質を発揮する事ができない」と言われる。

子供の知能や性格を伸ばしてあげたいと思うなら、自由な環境化で子供自身自分がやりたいことを自覚して努力していく事が大切なのではないかと思います。

by mnnoblog | 2018-07-14 08:10 | 独り言

[隙あり」「隙なし」

d0187477_17320005.jpg

少年時代によく読んだ時代小説の中で、剣豪同士が刀を抜き真剣勝負をするとき、思わず侍が「隙が無い」と呟くシーンがある。


隙があれば打ち込めるが、隙がなければ打ち込めることができず、お互い睨み合ったままの状態が続く。


その状態が長く続き、どちらかが体力負けをして隙が出てしまった結果、相手に打ち込まれ負けてしまうというのが真剣勝負の結末である。


この「隙が無い」とはどういう状態であるのか、当時の私には分からなかった。


剣道を習ったことがないので、「隙が無い」構えとはどういう構えなのか私なりの理解は、「相手に隙あればいつでも打ち込める体勢である事と同時に、相手からの打ち込みをいつでも受け止める体勢を維持している状態」なのであろうと思っている。


ゴルフのアドレスでも、「隙の無い」構えをしたいと思っている。

どのような斜面からでも、確実にボールを打てるような構えを取れるようになりたいと思うのである。


人間としては、「隙の無い」人間より、多少「隙のある」人間でありたいと思っているが、他人から見れば私は隙があり過ぎる人間かも知れませんーーー。


by mnnoblog | 2018-07-12 08:15 | 独り言

のほほんと---


by mnnoblog